上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自身出場2回目の二輪車安全運転全国大会を終えて・・・。 

今年色々な事があった中で挑んだ

二輪車安全運転全国大会。

CIMG3990.jpg

体はすんごく疲れてます。
はりつめた緊張の糸が切れてドッと疲れが出てきたようで
帰りのバスの中では疲れと悔しさを滲ませて帰りました。
それを隠す事も出来ずチームメイトには迷惑を掛けました。。

でも頭の中は今大会の事ではなく
今後に向けて何をどうしていくべきかを考えてました。

今後の為にもそんな気持ちを今、書きとめておきます。



まず、個人的な成績ですが

・1日目(減点-100)
Cブロック 減点-85  Dブロック 減点-15

・2日目(減点-30) 
Aブロック 減点-5  Bブロック 減点-25

合計870点(減点-130)


という結果に終わりました。
詳細はまた追々振り返りたいとは思ってますが
今年は初日のしょっぱなCブロックで大きなミスをやってしまいました。

穴があったら入りたい、そんな気持ちで
安協さんからも「機嫌が悪くなったというお言葉を。

その後は小さなミスはあったものの
減点を最小限に抑えられた事は今年の収穫でもありました。

特に2日目・・・昨年はボロボロでしたが
そんなボロボロだったスピード系をこの1年間頑張った成果を
全国の舞台で出せたと思います。



でも今となっては個人成績を振り返ることがどうでもよく思えてしまう。

この成績はあくまで僕個人の物として出ます。
けどその裏では多くの支えがあってこその成績なので
たった一人で出せた成績ではないからです。

1日目ボロボロに終わった僕。。
決して気持ちは切れる事はありませんでしたが
切れそうで切れる事がなかったのは
ここ全国まで色々な想いを抱き勝ち上がってきた各県の方々がいてくれたから。

もちろん僕を側で支えてくれたサポートの方々や
応援してくれた方がいたからこそでもありますが
僕の失敗を目の当たりにし掛ける言葉を探すのが大変だったはずです。

そんな1日目、ボロボロに終わった僕の気持ちを奮い立たせてくれた
各県の代表選手・・・。
上手く言葉には出来ないけど見習わなければいけない部分が多く
まさに今の僕に足りないものを持ってる方々ばかりでした。




同じチームの今年京都Bクラス代表
僕よりも10ほど年下で訳ありで今年最後の出場だったけど
引っ張っていくはずが2日目は情けないかな引っ張ってもらってたなぁ。。
悔しい結果で終える事になったけど彼の姿勢は最後まで立派でした。
特練の頑張りから全国最後の競技を終えバイクを下りるその時までを
僕は近くで見続けてました。
どうバイクを下りるか、その時の表情や仕草とか・・・
人生で最後の大会を走り終えたその瞬間を見届けたかったから。

そんな彼がバイクを下りた時、その姿を見て胸を打たれました。
その後に僕の最終ブロック、スピード系・・・彼にはどう映ったんだろうなぁ。

これからはお互い違う道を進んでいくけど志は同じ。
近い将来必ず彼が成し得たかった事をこの僕が達成し
誇らしげに報告でもしてやろう♪「やったぞ!」って。




あと、今年は昨年よりも嬉しかった事がありました。
どことは言えませんが昨年は目すら合わせてくれなかったあのチーム
そのチームの監督さんやコーチ陣の変わりようには驚きました。
僕も個人的にお世話になってただけに昨年は驚きを隠せませんでしたが
今年はお話しする事ができました。
昨年全国終了後から他県との隔たりを失くすため、
お世話になってる各方面の指導員さんに訴えてきました。
って僕個人の意見なんかに耳を傾けたわけではないでしょうけど
こういう小さな多くの意見が少なくともほんの少しは届いたと・・・。

そこの安協さんともまさかまさかの会話をする事ができ
出てきた言葉が「関西で力を合わせて」です。
「え・・・」と耳を疑うばかりでした。もちろんいい意味で。

そんなチームの特練監督さんが表彰式後に僕のトコに来て下さり
座ってる僕に右手を僕の左肩にドシッと・・・。
僕は誰か分からず見上げて顔を見た瞬間、何かが切れて
大号泣。
たぶん何も喋り掛けてはなかったはずです。
けどその時までの全国の場で府代表と他監督が会話したその内容を思い
僕の左肩に乗った手が言葉以上の気持ちが入ってきました。

他の監督さんにそうされ泣いた、不謹慎かもしれませんが
全国大会という場はそういう場であり続けてほしいと思います。
選手が余計な事を考えず競技に集中できる、そんな場に。



言いたい事を上手く言葉に出来ないので
本当に今思うことを書くことが出来てないかもしれませんが

来年もまた僕が全国大会という場に挑む事が出来るなら
チームの団結力をもっと上げないといけないし
その為には僕も言いたい事を我慢せず言うべき事を言わなければなぁ・・・と。

特に特練では自分自身に対しての甘えが出すぎてたなぁと。
今年の僕の姿勢では安協さんや監督さんに恩返しをする事なんて
最初から厳しい事になってたんだと思います。
その為に来年はどうするべきかをよく考え、今年のように甘えることなく
真剣に取り組んでいかなければならないと思うのでした。

そして、また来年も全国を目指し一つ一つを大切に一歩一歩進みます。



全国に行く3,4日前までは心身とも疲れきって
来年は1年空けても良いと思ってたけど、それこそが逃げだったんだなぁ。



DSC03807.jpg

また全国大会レポートはぼちぼち振り返ろうと思います。

相変わらずまとめる事が出来ずダラダラ長くなりましたが
読んでくださった方々、貴重なお時間ありがとうございました。


猫背めろん
[ 2010/08/03 20:19 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

【速報】第43回 二輪車安全運転全国大会終了 

第43回 二輪車安全運転全国大会が終了しました。

入賞された方
団体優勝の東京都・準優勝の神奈川県・3位の大阪府
関係者の皆様、おめでとうございます。

選手の皆様にサポートしてくださった方々や審判員さん方々
暑い中お疲れ様でした。



僕自身の出来は・・・
結果だけを見れば厳しい結果になりました。

DSC03786.jpg

が、この暑い夏の
そして、昨年から頑張ってきた成果は出す事が出来たと思ってます。

ああしとけば良かった、という後悔は全くありません。
でも悔しいです。

みんな同じだと思います。
ここから今年の経験と教訓を今後にどう活かせるか・・・。
今はその事で頭がいっぱいです。

今年直前まで経験した数々の苦難も忘れず来年を目指します。

ただ、今の心境は

自分自身に対し甘かった

そう感じた全国大会でした。
この2日間が、ではなくこれまでの自分に。



でも、この2日間多くの方々に声を掛けていただき、
普段はなかなか会えない他県の素晴らしい方々と交流が出来ました。

ブログも書いてて良かったなぁと思う半面、
情けない姿を見られてるんだなぁとも(笑

楽しかったし、悔しかった・・・大半が後者を占めてますが
色々な方々と交流が出来た事は今後の為にもなる何より大きな財産となりました。励ましていただいたり御心配頂いたりばかりでしたけど。

言い方は気持ち悪いですが、この道を真剣に取り組む人皆大好きです。
また来年も皆に会いに・・・
そして来年こそは「京都府」と呼ばれる恩返しを成し遂げたいと思います。

みなさま、ありがとうございました!

[ 2010/08/01 20:05 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

長かった1年、今年の不運続きな特練を終えて・・・ 

25日(日曜日)に今年の京都府特練が終了しました。



今年は本当に色々な事がありました。
僕自身の左膝骨折に始まり、ここには書けない事まで・・・。

しかも特練最終日には僕の強い意志・・・・ではなく硬い石・・・

尿管結石に朝から苦しめられ、七転八倒の痛みに耐え切れず
朝一から安協さんの車で病院へ・・・


またしても最終日に大きな迷惑を掛けてしまう事になりました。
なんで土曜日じゃなく、丁度よく特練最終日の朝一に。。

土曜日は久しぶりのツーリングで運転中に蜂に刺され激痛を伴うハメに。
つくづく運のない男です。



そして特練最終日の朝に京都府代表の発表もありました。
正直その時はそれどころではなくただただ痛みに耐えてるだけでした。

僕の名前が呼ばれた事は聞こえました。
でも今年は今年で素直には喜べなく、むしろ辛かった。
色々な想いが交錯し頭の中がぐちゃぐちゃに。

ただ、「痛い・・・」これが頭の大半を占めてたようにも^^;

すぐさま病院に向かいレントゲンを撮り、点滴を進められましたが
断固拒否(点滴は無理な珍しい人)で痛み止めの薬を貰う。

何か食べてからお薬を・・・と言われつつも
痛みに耐え切れず、安協さんが迎えにきてくださる薬屋での待ち時間に

飲む。

薬の効果は絶大でお迎いの安協さんが到着した頃には
痛みは引いて特練場に到着したお昼前にはケロリとしてました。

とりあえず石は水分とりまくって出すしかないか・・・。


到着したらみんな頑張って練習してる。
・・・僕は一体何をしてるんだ・・・こんなんでいいんだろうか。。

指導員さんは唯一一人居てるのですがその方と
監督さんをつかまえ、ある事を相談する。
真剣に話を聞いて下さりました。
こんなに真剣にこんな僕の戯言を聞いてくださるなんて・・・。
すごく嬉しかった。

そして何時もの如く、お昼に涙する。
ここ何ヶ月かは泣いてばかりで僕の涙には何の価値も無くなった気がする(爆

涙を流して気持を切り替える・・・まさに乙女スタイル
可愛くもなんともない、いや、むしろうっとおしく思うでしょう。。

そして昼からは「休んでおけ」という優しい言葉を頂きつつも
特練に励む事に。



こうして特練最終日は終了する。

最初から最後まで迷惑を掛けっぱなしでした。
後にも先にもこんな迷惑を掛ける人は出てこないでしょう。

そして最後まで本当に疲れた。心も体も・・・。
それは言葉(文章)にはできません。

去年はあれだけ「全国、全国」と言ってたのが不思議なくらい。

ここまでは辛い事が多すぎた。
でもそんな数々の事を乗り越えてきた影にはいつも誰かがいてくれてました。
去年の事も忘れはしません。

人生の中で好きなことに、無我夢中になって没頭できる時間
こんなかけがえのない時間を最後に無駄にさせないよう
精一杯自分の力を出し切り、楽しんできます。


結果はどうだっていい。

県同士のいざこざなんかもっとどうだっていい。

悔いのないよう走る!


全都道府県出場選手188名の188通りの考えがあり
それそれが様々な想いを持ち鈴鹿に・・・土曜日に集結する。

その中には出たくても出られなかった多くの人の気持ちもあります。
そんな方々に失礼のないよう、魂を込め走ってきます。

ここ2,3日はなんかワカランけど苦しかった。
この1年の疲れがドッと出た感じでした。

けど僕は一人ぼっちじゃない。

今度は僕の番、恩返しの時・・・

「ありがとう」を込め、走ります。

[ 2010/07/29 18:06 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

特練4回目・・・やっと、まる1日ドライ路面も猛暑! 

7月19日(月祝)海の日

京都府特練もいよいよ大詰めの4回目

CIMG3800.jpg

この日はやっと1日中晴れ
4回目にしてやっと最初から最後までドライ路面でやれました


この日は他県からのゲスト参加がありました。
京都府だけじゃないでしょうか・・・こんな寛大なトコロって^^;



では、今回も各課題の総評を・・・



応用千鳥走行
進入アプローチで前輪をパイロンに引っ掛ける事が多かったけど
だいぶ修正できるようになり、通過後のパイロンを見る癖も無くせてきた。
が、その通過後にバランスを崩すことが昨年より多い気がする・・・。
やっぱり怪我の影響で下半身の筋肉が落ちホールドしきれてないんだろう
だからこそ、ラインをよみながら一つ一つを丁寧にですね。



一本橋
緊張した場面での1回目・・・21秒。。。
決して合格点は出せない、なぜなら上半身が動きすぎ
これも下半身ホールドが弱く、ハンドルの切り返しでバランスが取れてない証拠
リラックスした時なら30秒は出せるけど
緊張した場面では絶対に落ちてはいけないというプレッシャーのせいか
どことなく体がかたばってる
これは技術うんぬんより気持ちの問題でどうにか出来るのかな。



傾斜地走行
この日、昨年B代表さんの指導で結構出来るようになってきた
1番やってはいけないラインオーバーはもはやほとんどする事はない。
でも本番の路面状態は経験がないのでやってみないとワカラナイ。
とりあえずラインに気を付けてパイロン接触は仕方ないと割り切ろう
「うわ、当たった」と動揺したらラインオーバーしちゃうだろうから
全部当てるつもりでやりますか・・・。



悪路応用走行
この日の1回目、やはり前回同様に2本目のパイロン接触
うーん・・・こんなギリギリ通らなくても最後は余裕なので
もっと余裕を持ちながら走ろう。。

ちなみにこの日・・・

DSC03560.jpg

CB750でもやってみました
いや、ただナナハンが乗りたくなったから
こけない程度に乗ってみただけなんですが(笑)
CB750だと、よりクラッチに神経を研ぎ澄ませ繊細にならなきゃいけません。

が、そんなことよりも楽しかった



ブロックスネーク
設定がキツメに設定されてました・・・
「こんなん無理
やる前から結果は見えて、案の定脱輪
どうも今年はコレが上手く出来ない。
ってことで昨日くらいから成功した動画だけを見るイメトレを始めました(笑)
ガンバレ自分



レムニー
問題なし。
でも最初のパイロン接触にだけは気を付けよう。。



ブレーキング
これも問題はなかったと思う。
でも今CB400SFで加速しスピード調整してる事を
ZRXで同じ様にやると60キロまで出ちゃう事は昨年の記憶に・・・
なら、スピード感覚を体で覚えるムツカシイケド。。
あ、意外とCB750でやればZRXと同じくらいかも?



コーナリング
1回やっただけのような気がする。。
残された練習期間でもっと精度を上げよう



コンビネーションスラローム
タイム計測時とそうでない時の走りが明らかに違う。。
もちろん計測してない時の方がのびのびと走れてる
「よし、イクゾ」と思うと体に力が入ってしまい
「ま、どーでもいいか」で走るとマジでそんな走りしかできない(笑)
気楽に力を抜いて走る事の難しさ。
やはり普段から緊張した場面で走るようにしなければ。。



CIMG3802.jpg

と、こんな感じでした。

しっかしこの日は熱かった暑かった
最後の30分くらいはまともに乗れなかったので見てました

ちなみに「京都府代表選手」はまだ発表されてません。
僕自身も今年は考えないようにはしてるんで
全国大会まであと1週間ちょっとと知りビックリなくらいでいてます。

でも特練は残すは後1日
てか、もう明後日か・・・。

最後まで全力で自分の出来る限りをぶつけたいと思います



の前に明日はツーリングに行ってきます。
珍しく僕から行こうと持ち掛けた最後の息抜きです

ちなみに行く予定場所は去年と・・・(笑)

が、明日もすんごく暑いんだろうなぁ。。
早起きできなかったら近場で練習ツーリングかな

[ 2010/07/23 19:01 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

特練3回目・・・多くの小さなミス、守りの姿勢・・・ 

7月11日(日)

特練も折り返し地点の3回目。

この日はコンタクトを落とし後半の1時間は練習出来ませんでしたが
それまでの総評を書いておきます_¢(。。;)



路面はまたしても

CIMG3754.jpg

土砂降りのウェットな日となりました



そしてこの日は朝一から
課題を一つ一つやる審査がありました。

空気が重い・・・┗(;´д`;)┛・・・



悪路応用走行
パイロンタッチ1回でクリアーもパイロン接触1回
当たった事に気付いてませんでした
CB400SFはCB750よりも切れ角もあり小回りも利く。
あんまりパイロンギリギリを通らなくても十分いける。
次回は5cmくらい空けて通る感覚でトライしてみよう。。



一本橋
あぶなげなく23秒で通過・・・
も、結構上半身が動いてたようで見てる側はドキドキだったそうな。。
タイムよりニーグリップと目線をもっと意識しなければ。



応用千鳥走行
前回特練で注意された「パイロンを気にする癖」に注意してトライ
も、アプローチの時にパイロン接触2回
通過後の接触よりも進入時に前輪が当たる事が多い気がする。。
今年は進入方法を変えて乗ってたけどやめる。
去年の自分の乗り方に戻そう



ブレーキング
今年は後輪ロックがない。
去年から注意され意識して練習し続けてきた成果ってことで
自分では会心の出来だったと思ふ。



レムニー
これは全員がクリアーしてたけど設定が甘すぎた気がします。
次回からは1番狭い幅でやらなきゃ、全国ではまず通用しない。
気合と根性のセクションなんだから・・・。



コーナリング
前回と侵入箇所が若干横にづれてたので、
進入5メートル前に気付きバランスを崩したまた進入
最後は外側ラインオーバー・・・
も、練習では監督さんが見てる緊張した場面を作り再度挑戦で
自分ではまずまずの走りで3,6秒
去年と比べたらかなりコツも掴めてスムーズに走れるようになりました。



ブロックスネーク
体内時計10秒通過で実際も9,9秒で通過
これはラインと気持ちの持ちようが左右するセクションか。




コンビネーションスラローム
やはり緊張した場面では最初の直パイ部分が勝負の分かれ目か・・・。
最初のラインがイマイチだったのでリズムも後手後手になり
パイロンに突っ込むという僕の悪い癖が出てパイロン接触
も、タイムはそんなに遅くはなく、むしろ僕にとっては速い方だった。
だからこそ悔やまなければいけないしょうもないミス



CIMG3768.jpg



安協さんからは全然ダメとお叱りを受けてしまう。。
自分では減点を最小限に抑えまぁまぁな気でいただけに
ショックは大きかった・・・

たしかに大きなミスはなかった。
けど小さなミスはいっぱいあった。
そんな小さなミスはもっと集中していればなくせたはず。

小さなミスの積み重ねは大舞台では大きなミスへと繋がる可能性が高い。

守りの姿勢に入り小さなミスをなかったかのようにする姿勢がダメでした

午後からは攻める姿勢で自分に厳しく・・・



の、矢先のコンタクト落下事件でした

次回特練の前に鈴鹿でトレーニングだ

[ 2010/07/14 19:29 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

特練!法規走行中にコンタクトレンズが外れ、闇に消える。 

7月11日(日)

特練3回目・・・またしても

どうやら今年は雨男パワーを遺憾なく発揮できてる模様です



この日、ついに1番恐れていた事態が起こってしまいました。



タイトルどおりなんですけど・・・

走行中にコンタクトレンズが外れる。

今まで自分が円錐角膜という眼の病気を忘るくらい普通に乗ってたけど
1cm×1cmにも満たない小さなレンズがなければ何も出来ない人


それを突きつけられたような精神的ダメージの大きくなった日でもありました



普通にコンタクトレンズをつけて運転されてる方々は多くいますが
僕の場合は人より外れやすく、しかも片目しか見えない・・・。

フルフェィスのヘルメットなら外れてもメット内にある可能性は相当高い
・・・というか落ちる事はないはずです。

が、ジェットヘルメットは外れて落ちたら終わり

CIMG3752.jpg

ましてや、最近は雨でシールドを上げて走ってた事が多かったので↑
雨や風をもろに受ける為、余計に外れやすい状況

基本ジェットヘルメット着用時は
シールドを閉めて運転をすると決めてましたが・・・
雨で見えないのと蒸し暑いのとで最近は開けたまま運転してました。。



あっ!
と思い、外れ、そこですぐ止まれば良かったけど
一応端まで走行。。

目を開けてみると視界はボヤケコンタクトはやっぱりない・・・

そしてコンタクトレンズの大捜索が始まる・・・
特練生10名以上に指導員さん、安協さん、監督さん、サポートしてくださる方々
皆総出で横一列に並び地面に這い蹲っての捜索です。。

僕一人の為に特練を中断させての捜索。
残念ながらコンタクトレンズは見つかる事はなかったけど
申し訳ない気持ちがいっぱいで。。



代えのコンタクトレンズも持ってきてなかったので
そこで僕の練習は終了。。

メガネは持ってないのか?
と、聞かれたりもしました。

「はい、僕の場合無理なんです。。」

きっと何の事か分からなかっただろうなぁ



この僕の眼の病気は本当に辛い。
見た目は極普通の健康な人と同じなので
気付かれる事もほとんどありません。

でもこの先もこの病気と付き合っていかないといけないんで
毎日毎日この事でうなだれてもいられません。

けどこの日は久しぶりに苦しかった。。
迷惑を掛けるだけしかとりえのないこの自分の眼を呪った・・・。



今はひどく落ち込んでます・・・。
いつもの凹みめろんです。
今の時期に眼の事でこんな辛い思いをさせられるとは思ってもいなかったなぁ。。

でも落ち込んでも何も状況は変わらないという事も知ってます。



付けてたコンタクトレンズ、今日注文しました。
届くまで約10日。。

明日は久しぶりの膝の診察です。
膝が治っても眼が悪ければバイクには乗れないんだな・・・

来週に京都府代表が決定する。
今の僕じゃきっと選ばれもしないなぁ。。

僕の調子のいい時期・・・短いから困る。
でもたとえ後ろを向いてても前には歩いて行くぞ・・・

[ 2010/07/12 17:59 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

転倒骨折から2ヶ月経過・・・まだバイクが起こせない? 

4月29日・・・転倒、靭帯付着部分の骨を骨折

あの日から2ヶ月が経過してました。



ゴールデンウィークで練習する事に燃えていたはずが
些細な転倒により一瞬にして痛みとリハビリ生活へと一転した日・・・

その日から2,3週間は
腿の肉離れと骨折箇所の炎症の痛みで寝れない日々
特に最初の1週間はまともに睡眠すら出来なかったからなぁ^^;

寝れても痛みで起こされ
夜中、尿意で起こされた時なんかは松葉杖でトイレに行ってたからなぁ(笑)



バイクにも乗れなくなり、練習も出来なくなり
周りの皆から練習してるという話を聞いては1人取り残された気持ちにもなり
白バイDVDとか、見てないやつを見る気にもなれず
つまらない生活を送ってました。

最近はやっと普通に?乗れるようになり
今まで自分がライディングスキルに対して悩み込んでた日々が懐かしく
その時の自分は全然楽しんで乗れてなかったと今になり分かるように・・・。

練習する事は好きだし楽しいとは言ってたけど
楽しいと無理やり思い込ませて練習した!という充実感を得たいだけだった

そりゃ進歩してないはずだ・・・



Ninja 250Rに乗ってた頃と比べたら速くなってる。
まぁ実際はそうかもしれませんが、それはCB400SFに慣れただけで
その速さは排気量から頂いたもので自分が得た技術ではありませんでした。

その時の自分の技術が見えてなく、認めてなかった。

ちょっとは速くなってこれたかな?という表面的な部分しか見ておらず
内面を見逃し技術面の進歩を見ず、表面だけを磨いてたんですね。

うぬぼれてたんだと思います。
なのでそこそこ乗れるようになってからの成長が止まってたんだな・・・。

CIMG3602.jpg

今の自分の技術を客観的に冷静に見て、自分は下手くそだと認める事
周りに左右されることなく、自分の目指すべき理想像のライダーを見続ける事

初心忘れるべからず・・・
2年半前にこの道に入った時は技術向上に思い悩む事はなかったはず!
周りと比べて凹みまくってた事はかな~りありましたけど^^;

今はそんな日々を思い出し、その時の「絶対上手くなってやる」という
希望に満ち溢れてた時の自分を呼び起こそうぜ!
ただ純粋に上手くなりたい一心で色々な人に質問してた日々を・・・。



先日の特練・・・お連れさんが撮ってくれた僕の動画・・・

気持悪いくらい、活き活きとした顔で乗ってました(笑)
いい風に言えば「子供のような純粋な笑顔」
一般的に言えば「気の抜けた力ない笑顔」←^^;

学ぶ事の楽しさ、それが少し解って一瞬でも出来た時の嬉しさ
そしてバイクに乗れてる楽しさと幸せ・・・

これは骨折をしてなければ僕の場合は絶対に気付けなかった事でした。

この先も道に迷うであろう、そんな時は
迷い込む前に、骨折で乗れなかった期間と乗れた直後の気持ちを
思い出し迷わず進んでほしいと・・・ん~少々心配ではありますが

この骨折は意味のある骨折だった、そう思います。





グダグダと語りだすと無駄に長くなってしまいます。。

怪我の話の延長戦って事で・・・

左膝はだいぶ、いい傾向だと思います

・・・
まぁ正直今はコレしか言えないんですよね~( ̄- ̄;;;;;

まだ100%曲げ伸ばししようとすると痛みます
全力疾走はまだまだできそうになく10~30%の力でしか走れま・・・
というかまだ怪我を負って以降1度も走ってません^^;

もう2ヶ月経ってるのに・・・なかなか治らないもんなんですねぇ。。



特練では・・・

CIMG3600.jpg

この教習車仕様の大きいバンパーの付いたCB400SFなんですが

↑の特練で女性白バイさんからアドバイスを頂いてた時に
暑すぎてクラッと来てしまいバイクを右に倒してしまいました
正確に言うと、健康な足の右側に傾いたので支えれたはずなんですが
暑さと踏ん張る気力も無く「あ、もうムリ」と投げ出したんです(笑)

で・・・起こそうとしたら

足が踏ん張れず起こせません「お、重い・・・」

結局、女性白バイ隊員さんに起こさせてしまうという失態を・・・
僕の足を気遣い指導員さんと2人で起こしてくださいました。

結構重たくてビックリしました。。
というか足がまだこれじゃぁ一人で練習なんて出来ませんやん

転倒して、起こそうと踏ん張ってグキッ!!!ってなったら最悪ですからねぇ。。
一応サポーターは巻いてるけど
もうちょっといい物を装備せにゃイカンのかもしれません。。

転倒しそうな時って反射的に足が出ちゃいますからね
そういう時にもちゃんと保護してくれそうなガッチリしたヤツを。。



こうしてまた出費がかさんでゆくのでした・・・。

週末はスポーツショップをハシゴしていいのがなければネット注文かな。
って、またまた土日雨になってますや~ん

日曜日は雨でも練習ヤルゾー



長々と最後までお付き合い、ありがとうございましたm(_ _)m
[ 2010/07/02 19:24 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

京都府特練 2回目 いよいよ全ての課題種目走行に・・・! 

日曜日の特練・・・
午前中は前回記事の通り白バイ隊員さんとの特訓

この日の天気はくもりだったけど蒸し暑く風も生ぬるくキツかった
次回からはもっとこまめに水分補給をしなきゃなぁ。。



では、1回目総評に続き、この日の課題総評なんかを



応用千鳥走行
前回終了時に「次回までにコソ練で修正し完璧にしてきます」と書いてたけど
結局コソ連はすることなくイメトレ練習のみのブッツケ・・・
ラインオーバー最大減点はなくなったけどパイロンタッチ多し

「パイロンを過ぎた後、振り返って接触確認はしなくていい!」

と、アドバイスを頂く。
も、言われた直後にもまた見てしまう

こ、これは癖になってしまってる
まだまだ自分の中で迷いと不安が生じてる証拠・・・

当たったら当たってで仕方ないのでそれでイイ
次の進入に全力を注ぐ事
後ろを向かず前向きに


応用千鳥走行・・・僕のバイクライフのような課題だなぁ・・・(笑)
思えば2年前の京都府大会での千鳥走行・・・ぶつぶつ・・・~全略~



一本橋
大切なのはその日の一発目
自分にプレッシャーをかけ20秒以上を目標に・・・結果21秒

・・・これ、本番だったら昨年の全国と同じになってしまうのでは
あの緊張感の中では体内時計は確実に狂うし
タイムを数えてる余裕なんて ない に等しい状況

残り2回は絶対に落ちない走りで粘る事に重点を置き31秒・30秒
さて、一体どんな気持ちで挑めばいいのか・・・
ちょっと迷いが生まれた一本橋



ブロックスネーク・レムニー
この2つは1回しかしてません
最初の1回に集中してトライしてまずまずクリアー
やる前に頭の中でポイントを復唱するといいのかも?しれない。
決して雑にやってはいけない課題ですね。



ブレーキング
これもそんなに数多くやってないけど簡単そうで難しい課題。
まず最初は速度合わが重要になってくるんですが
僕の場合、「まず2速で45㎞/hまで上げてから3速で安定させてブレーキ」
この方法でやってるんですが去年の全国では2速で60㎞/h近くまで上がり
かなり焦ってしまった
雨で停止位置指定距離が伸びたおかげでなんとか止まれたけど。。
ZRXは下のトルクがかなりあった印象なので雑に操作しないこと
最初が失敗するとあとが後手後手になっちゃいますからね



コーナリング
コース製作の時は路面が濡れてたので走るラインの制限は
テープではなくプラスチックマーカー・・・

「踏んだら寝ながら滑っていくよ♪」

と頭の中に悪魔が現れ囁いてくる。。
怖くてちょっとしか練習出来ませんでしたo┤*´Д`*├o
左旋回コーナーなんで転倒したら左足が怖いですからね
次回は路面乾いてますように。。



悪路応用走行
これはラインが命!下は濡れてて滑るので車体は直立が必須条件
(アクセル)・クラッチ・リアブレーキ全て繊細に扱わなければいけません。
2本目3本目のパイロン通過時に車体がどうなってればいいかを考えれば
自ずと応えは見つかってくる。
失敗した時はその最初のパイロン通過時がどうだったかを思いだす事



そして最後に・・・



傾斜地走行
この課題は去年の全国大会では雨で中止になった課題です。
そして最も・・・ではないにしてもここでかなり差が付く課題

やる前は不安だったけどやってみればまずまずの出来。
完璧じゃないしパイロンタッチも多かったけど最後はコツを掴む。
も、安定して上手く走るお方と比べたら何かが違う
次回の特練まで研究しイメトレするしかない。
だって、こんな傾斜地、練習する場所ないんだもの


と、この日はこんな感じでした。



CIMG3614.jpg

が、やっぱり1番は白バイとの特訓の成果でしょうか。

忘れない為にも週末は特訓しなきゃいけないんですが
今週末は特練がありません
練習会もどこもやってません。。

よし、こうなったら全国の地・・・鈴鹿に行くぜ

と決心し予約表を見たら初級クラスのスクールしかやってないし。。。


ってことで必然的にコソ練になる訳で・・・
お連れさんと2人でやる予定だけど2人だとすぐ休憩しちゃうからなぁ^^;

去年のようにプチツーしてから
最後は温泉目的!その合間に精一杯頑張る事にします


スピード系種目・・・
去年の二の舞にだけは絶対になりませんぞ
[ 2010/06/30 19:09 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。