上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 『ラピュタの道』捜索で偶然見つけた・・・脚が震えた絶景・・・



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ラピュタの道』捜索で偶然見つけた・・・脚が震えた絶景・・・ 

阿蘇ツーリング・・・

『ラピュタの道を探せ続きです・・・



まず、阿蘇の地形ってこんな風になってたんですね

CIMG5270.jpg ← クリックで拡大

阿蘇山の周りが、えぐれてるように凹んでるんですよね。
『外輪山』っていうらしいんですが・・・

って阿蘇山ってひとつの山じゃなかったんですね

関西に馴染みのない人が・・・
「琵琶湖ってこんな広いの!」とか「京都、奈良ってこんな寺ばかりなのか!」
という驚き方に似てるでしょうか



さてさて、話はツーレポに戻って
大観峯から、その外輪山の尾根を通る県道12号線・・・
西に向かって阿蘇の周りを反時計回りに進みます

CIMG4866.jpg

左を見れば、時々見える阿蘇の市街地・・・

CIMG4870.jpg

黄砂のせいで広大な景色も半減か・・・

阿蘇市へ向かう国道212号線から県道12号線・・・そこから県道339号線に乗り
『兜岩展望台』を目指す

目的は、このかぶと岩展望台ではなく
「そこから走って、すぐ左折すればラピュタの道に行く」
というネットでの情報を元にラピュタの道を目指す。

事前情報によれば、路面は砂利とかであまり宜しくないらしい


・・・~(┌  ┌  ┌  ´Д`)┘・・・とりあえず走る


CIMG4876.jpg

兜岩展望台から少し走って、左折する道を発見


楽勝やったな


CIMG4877.jpg

っていきなりダートかいっ

けど車かバイクかのタイヤ跡がいくつもあるし・・・( ̄  ̄;) うーん

とりあえず行くかってなる。



で・・・



CIMG4880.jpg

これはさすがにおかしいと思いだす。。
路面のタイヤ痕を見たら明らかにUターンしてる跡ばかり(笑)

ここ・・・違うのかな

今思えば明らかに違う・・・
だって行った人は誰も「入り口はダートだった」って書いてないし
砂利どころか、単なる獣道だしっ。。



メイン道路に戻ってもうちょい先に進んでみるか



でもかぶと岩展望台から2㎞近く走ったけど
それっぽい左折する道が全然ないんですけどーーー


さっき曲がるとこあったで

ほんまか!?
注意深く見てた筈なのに見逃してたのか。。

お連れさんのいうポイントまで戻る



た、たしかに道がある。。

が、ネットで見つけた入り口の写真風景とは明らかに違うぞ(笑)




「とりあえずエリミで様子見てくるから待ってて



と、お連れさんを残し、エリミ一人旅に出る

CIMG4881.jpg

違うと思ったけど、路面は砂利・・・まじでココなのか

道はまだ続いてたので走る。
結構荒れてる道・・・まず大きいバイクでの突入は難しいだろう。。


というか、ココ・・・絶対違うぞ(笑)


そう思いつつ田舎道に変わりつつも、進める道があるので進む

と・・・

CIMG4883.jpg

うわっ・・・なんかスゴクネーかこれ

あの道の先はいったい。。

心臓がバクバクいいだし、わくわく。。





Σ( ̄□ ̄;





CIMG4884.jpg

写真では凄さの100分の1も伝えれておりません。

道はそれなりの下り坂・・・というか道が道じゃなくなってました。
これ以上、バイクでは怖くて進めない・・・

それよりも見える景色が半端ない



これは待ってるお連れさんの為に動画を撮ってあげなければ

ってことで、動画でもダイナミックさが半減ですがその動画を





エリミの置いてる後方90度以外は270度ビューのありえない景色

目の前は障害も何もなく見下ろせばいきなりな阿蘇の町並み

黄砂でハッキリ見えない状態でもすごすぎて足が震えるくらいだったんで
空気が澄んで見えるこの景色は気絶ものだと思われます。。

発想がじつに幼稚臭いですが・・・

「神様はいつもこんな景色観てるんだなぁ・・・」

と、マジで思っちゃいました(笑)



とりあえず冗談でも後ろから押されたり
足を滑らせて転がり落ちたら・・・間違いなく死ねると思います。。


こんな景色を独り占めしてたので待ってたお連れさんは怒るだろうなぁ・・・


なんて思いつつ戻ったお連れさんはレボに跨りながら
隣に偶然居た、阿蘇の黒毛牛と遊んでおりました・・・(笑)



ラピュタの道・・・どこかの誰かさんが勝手に付けた名なら
この場所は勝手にこの僕が命名させていただこう


『神様の庭』


センスなさすぎて悲しくなります。。



昨日、ラピュタの道の場所は暗黙の了解になってることに物申しましたが
なんか分かる気がします・・・。。

とりあえず、この神様の庭(爆)
もしこのブログを見て行こうとする方がいれば・・・
そこまでの道はそれなりに過酷なので無茶せず必ず一人で行かないように
何があっても一切の責任は持てませんよ。。

反対側から誰かが助けに来るとすれば・・・それは・・・。



ちなみにこの後、もう1度ダートの場所まで戻って、また迷ってます

人によって「すぐ」とか「ちょっと」の範囲って全然違うんですな・・・。

[ 2010/12/03 20:17 ] 2010年 九州遠征 GRM大分 &ツーリングレポート | トラックバック(-) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。