上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 第43回 二輪車安全運転全国大会 1日目・・・Dブロック



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第43回 二輪車安全運転全国大会 1日目・・・Dブロック 

悪夢のようなCブロックを終え・・・

Dブロックが始まるまでのつかの間の休息。。
今年はこの時間が耐えに耐え難い時間だった気がします。
特に京都府チームのテント付近は・・・

こうなったのもすべては自分のせい。
凹んだ気持ちをなかなか切り替えられずにいましたが
各県の選手のみんなや今年出れなかった方々とのお話で落ちつき

多くの方々に助けられました

あと僕に出来る事は
Cブロックのコース状態などの感想をBクラス代表くんに伝える事
次に走る京都府チームの応援に徹する事



Aクラスの次のDブロックも視察してみる

え・・・なんかみんな悪路応用走行失敗してないか

自信はあったけど、ここで少し身構えてしまう。。

そしてあっという間にDブロック・・・僕の出番が回ってくる

DSC03832.jpg

試走・・・これもコース側を走るのみで、その後すぐに競技に入る。。

そしてこの時のZRX・・・
Cブロックの時のZRXと違ってリアがそんなにピョンピョンしない。
が、なんかハンドリングが重く感じたマシンでした。

そして、いよいよ・・・Dブロック

悪路応用走行 ブロックスネーク レムニー走行

→ 去年の動画はコチラ ←


今年のDブロック動画です





・悪路応用走行
今年は「慎重に」と「ライン取り」を頭に叩き込み落ち着いて挑む。
「昨年はいけたから今年も簡単にいける」なんて考えは全くなかった。
むしろ直前に多くの失敗を見た事により、より気を引き締める事が出来ました。

・・・も、2本目接触・・・これは審判員さんの手が上がったのに気付かず
3本目パイロンからは慎重に左フルロック旋回
が、バランスがちょっと崩れハンドルを真っ直ぐにしてしまう

「あぁっ、この状態で進んだら絶対に4本目パイロン接触してしまう!」

気合でバイクを静止させてもう一度左フルロックに

ここで色々と考え忙しくなってしまったせいか、
右フルロック旋回への切り返しポイントを焦ってしまい早めに切る


「あぁ・・・これは微妙に当たってしまうラインだ

4本目のパイロン横を無事通過したか
も、審判員さんの手が上がったのが視界に入る・・・。

パイロン接触2回!2回とも触ったくらいでした

むぉぉぉ・・・そんくらいまけてくれよぉぉぉ・・・と直後に思ってしまう^^;

地味すぎる減点 10 で悪路応用走行を終える。



・ブロックスネーク

今だから言える事、今年はこの競技が1番不安でした
今年の特練で久しぶりに脱輪してからは、定期的に落ちてました
これ、きらい。。
そんな気持ちになった特練最終日は一度も脱輪せずクリアー
その後大会まではビデオを見ながら成功するイメージだけしてきました。

その効果があったのか(は、不明ですが・・・)
ブロックスネーク前に立った時は「あれ、落ちる気がしない

も、一本橋での失敗を思い出し、落ちつけ落ちつけと呪文を唱える。。

そしてスタート
ちなみにZRXはブロックを越える時にバイクの底・・・腹が当たる。
去年はこれにビビリ数えてたタイムが吹っ飛んだので
今年は無心で、ただラインを外さない走りだけを心掛けてみました。


も、体内時計は当たってたようで あぁ・・・これ絶対早いわぁ
と思うも粘って落ちるのが怖く、そのまま通過する事に
1年経っても進歩のない走りしかできず・・・

8,36秒 で指定タイム9秒~11秒に僅かに届かず減点 5



・レムニー走行

これは最初のパイロンによりすぎて接触しないようにだけを心掛ける。
感想・・・パイロン間隔が広すぎる。。去年よりも広い気がした
案の定、最後の表彰式あとの総評で「レムニーの成功率の高さに・・・」
と言われておりました。

これすなわち来年からはもうちょっと厳しめにします
と言ってるようなもの。

今年の悪路も昨年より明らかに狭くなってましたから・・・(たぶん。



Dブロック 減点 15 で走り終える。

減点「15」は僕一人だけ・・・(0~10 20以上~ は、いてましたよ~)
・・・( ̄  ̄;) うーん、まさに地味で中途半端なライダーだ。。

減点0で行けそうなのに行けないこのブロック
要するにまだまだ技術と精神面が未熟だったんでしょう。
何が足りなかったんだろう・・・ではなく、足りないとこだらけですから

が、もしこのブロックでも最大減点があったとしたら・・・
めろんは確実に京都チームから追放だっただけに
終わった時は正直ホッとしました

ここでもし失敗してたら・・・そんな状況を今、想い描くとゾッとします。

この追い込まれた状況で最小限のミスで乗り切れた事は
きっと今後の大きなプラスになる・・・そう思いたいです


1日目終了 この時点で減点 100
安協さんにはなんの楽しみもない2日目にさせてしまいましたが
Dブロックレムニー終了後の皆の拍手と声援

目頭が熱くなるほど心に響いてきました。


誰が誰だかよく見えてませんでしたけど
今大会でも上位に位置する僕の嬉しかったことです

[ 2010/08/14 08:33 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xjrninja.blog121.fc2.com/tb.php/460-28304512








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。