上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 自身出場2回目の二輪車安全運転全国大会を終えて・・・。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自身出場2回目の二輪車安全運転全国大会を終えて・・・。 

今年色々な事があった中で挑んだ

二輪車安全運転全国大会。

CIMG3990.jpg

体はすんごく疲れてます。
はりつめた緊張の糸が切れてドッと疲れが出てきたようで
帰りのバスの中では疲れと悔しさを滲ませて帰りました。
それを隠す事も出来ずチームメイトには迷惑を掛けました。。

でも頭の中は今大会の事ではなく
今後に向けて何をどうしていくべきかを考えてました。

今後の為にもそんな気持ちを今、書きとめておきます。



まず、個人的な成績ですが

・1日目(減点-100)
Cブロック 減点-85  Dブロック 減点-15

・2日目(減点-30) 
Aブロック 減点-5  Bブロック 減点-25

合計870点(減点-130)


という結果に終わりました。
詳細はまた追々振り返りたいとは思ってますが
今年は初日のしょっぱなCブロックで大きなミスをやってしまいました。

穴があったら入りたい、そんな気持ちで
安協さんからも「機嫌が悪くなったというお言葉を。

その後は小さなミスはあったものの
減点を最小限に抑えられた事は今年の収穫でもありました。

特に2日目・・・昨年はボロボロでしたが
そんなボロボロだったスピード系をこの1年間頑張った成果を
全国の舞台で出せたと思います。



でも今となっては個人成績を振り返ることがどうでもよく思えてしまう。

この成績はあくまで僕個人の物として出ます。
けどその裏では多くの支えがあってこその成績なので
たった一人で出せた成績ではないからです。

1日目ボロボロに終わった僕。。
決して気持ちは切れる事はありませんでしたが
切れそうで切れる事がなかったのは
ここ全国まで色々な想いを抱き勝ち上がってきた各県の方々がいてくれたから。

もちろん僕を側で支えてくれたサポートの方々や
応援してくれた方がいたからこそでもありますが
僕の失敗を目の当たりにし掛ける言葉を探すのが大変だったはずです。

そんな1日目、ボロボロに終わった僕の気持ちを奮い立たせてくれた
各県の代表選手・・・。
上手く言葉には出来ないけど見習わなければいけない部分が多く
まさに今の僕に足りないものを持ってる方々ばかりでした。




同じチームの今年京都Bクラス代表
僕よりも10ほど年下で訳ありで今年最後の出場だったけど
引っ張っていくはずが2日目は情けないかな引っ張ってもらってたなぁ。。
悔しい結果で終える事になったけど彼の姿勢は最後まで立派でした。
特練の頑張りから全国最後の競技を終えバイクを下りるその時までを
僕は近くで見続けてました。
どうバイクを下りるか、その時の表情や仕草とか・・・
人生で最後の大会を走り終えたその瞬間を見届けたかったから。

そんな彼がバイクを下りた時、その姿を見て胸を打たれました。
その後に僕の最終ブロック、スピード系・・・彼にはどう映ったんだろうなぁ。

これからはお互い違う道を進んでいくけど志は同じ。
近い将来必ず彼が成し得たかった事をこの僕が達成し
誇らしげに報告でもしてやろう♪「やったぞ!」って。




あと、今年は昨年よりも嬉しかった事がありました。
どことは言えませんが昨年は目すら合わせてくれなかったあのチーム
そのチームの監督さんやコーチ陣の変わりようには驚きました。
僕も個人的にお世話になってただけに昨年は驚きを隠せませんでしたが
今年はお話しする事ができました。
昨年全国終了後から他県との隔たりを失くすため、
お世話になってる各方面の指導員さんに訴えてきました。
って僕個人の意見なんかに耳を傾けたわけではないでしょうけど
こういう小さな多くの意見が少なくともほんの少しは届いたと・・・。

そこの安協さんともまさかまさかの会話をする事ができ
出てきた言葉が「関西で力を合わせて」です。
「え・・・」と耳を疑うばかりでした。もちろんいい意味で。

そんなチームの特練監督さんが表彰式後に僕のトコに来て下さり
座ってる僕に右手を僕の左肩にドシッと・・・。
僕は誰か分からず見上げて顔を見た瞬間、何かが切れて
大号泣。
たぶん何も喋り掛けてはなかったはずです。
けどその時までの全国の場で府代表と他監督が会話したその内容を思い
僕の左肩に乗った手が言葉以上の気持ちが入ってきました。

他の監督さんにそうされ泣いた、不謹慎かもしれませんが
全国大会という場はそういう場であり続けてほしいと思います。
選手が余計な事を考えず競技に集中できる、そんな場に。



言いたい事を上手く言葉に出来ないので
本当に今思うことを書くことが出来てないかもしれませんが

来年もまた僕が全国大会という場に挑む事が出来るなら
チームの団結力をもっと上げないといけないし
その為には僕も言いたい事を我慢せず言うべき事を言わなければなぁ・・・と。

特に特練では自分自身に対しての甘えが出すぎてたなぁと。
今年の僕の姿勢では安協さんや監督さんに恩返しをする事なんて
最初から厳しい事になってたんだと思います。
その為に来年はどうするべきかをよく考え、今年のように甘えることなく
真剣に取り組んでいかなければならないと思うのでした。

そして、また来年も全国を目指し一つ一つを大切に一歩一歩進みます。



全国に行く3,4日前までは心身とも疲れきって
来年は1年空けても良いと思ってたけど、それこそが逃げだったんだなぁ。



DSC03807.jpg

また全国大会レポートはぼちぼち振り返ろうと思います。

相変わらずまとめる事が出来ずダラダラ長くなりましたが
読んでくださった方々、貴重なお時間ありがとうございました。


猫背めろん
[ 2010/08/03 20:19 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xjrninja.blog121.fc2.com/tb.php/453-ee1e9c88








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。