上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 MRI検査終了!迫られる二つの手術の選択肢・・・決断



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MRI検査終了!迫られる二つの手術の選択肢・・・決断 

5月11日

お昼から病院へ・・・
MRI検査&診察に行ってきました。

MRI検査前・・・

CIMG3354.jpg

1畳の半分にも満たないすんごい狭い部屋?で順番を待つ。

CIMG3353.jpg

狭すぎる圧迫感と暑さで5~10分の待ち時間がすごく長く感じました



そしてMRI検査へ・・・



前回CTを撮った時と同じ様な大きな筒の中に足の部分を入れる。
CTの場合は本の数分で撮影終了だったけど

MRIは30分~と長い
上の説明項目6にも書かれてる「コン コン コン」・・・

実際はかなり大きな音で「ゴン ゴン ゴンガガン ガガン ガガン

ヘッドホンから流れる小学生の給食の時に聞こえてきそうな音楽が
かき消されるような、勢いだけのロックバンド的な激しい音でした
固定されてたはずの左足もプルプルですごく疲れた30分・・・



そしてMRI検査結果の問診へ・・・



膝の感じを触診され「ゆるくなってるなぁ~と。
前十字靭帯が伸びきっちゃってるということのようで
このまま放置させても膝の不安定さは残ったままになると言われる。
そのままだと当然踏ん張った時に再度痛めてしまう可能性大

やはり要手術 という結果に

あと骨折とはまた別の箇所に「骨のヒビ」を発見
やはり踏ん張った時の相当変に力が入ってしまったようで
本来黒く映るはずの骨が白っぽく映って炎症?を起こしてるそうな。

これは安静にさせておくしかないので放置しかありませんが
問題は膝の手術をどうするか




2択を迫られる・・・




まずひとつ

今すぐ手術をする。


骨が剥離骨折して前十字靭帯が4~5ミリ浮いちゃってるので
上から引っ張ってやって浮いてる隙間を埋めてやる手術。
ただしその隙間を0にするのは無理で2ミリほどの隙間は残るらしい。
なので不安定が改善されずもう一度手術する場合もあるらしい。


ちなみにそれは内視鏡での手術で大きく切ったりしないそうです。

で・・・その問題点というか悩みな点が
もしするなら木曜日に入院して金曜日手術、そして入院生活に・・・。
非情に急な話になってしまう



もうひとつの選択肢

しばし装具をつけ落ち着いてから『膝前十字靭帯再建手術』を行う。


よくスポーツ選手が靭帯を痛めて行う手術で
その名の通り前十字靭帯の再建・・・膝裏の健を使うって言ってたっけ。。
ただし以前までの100%の状態に戻る事はない、と



とんでもないおおごとになってしまったんだなぁ・・・と。
どちらにせよ手術はしなくちゃいけないので
これで本当にまともにバイクに乗れなくなってしまいました。

ふたつめの選択肢の装具もどちらにせよ装備しなきゃいけないらしいです。
前十字靭帯断裂と同レベルの重症だそうな


・・・

ここまでの合計の診察で3諭吉弱ほど。
で、その装具がこれまた高額で保険が効いても3諭吉弱・・・
その後の手術と入院費用・・・考えただけでも恐ろしいです。。

きっとKLX125をもう1台買える位になってそうな気がします





とりあえずふたつの選択肢から選ぶのは 後者 のほうです。


昨日よく考えて決断にいたりました。

そして一旦、僕の安全運転大会ロードにも幕が閉じられそうです・・・
1年ちょっと頑張って少し花が開いたと思ったら満開にならず散っていく。。
綺麗な桜のようになれなかったのは残念です。

今後もどうなるかまだ分かりません。
でも今はまた次に咲く時の為に
根を腐らさず前を向いていくつもりでいてます。

そして今は無茶せず色んな人と会って色々と話をしたいと思ってます。
お連れさんはまだまだ現役なので僕も講習会に付き沿いとして顔を出せます。
皆が走る姿・・・見れば見るほど自分の状況に辛さを感じるだろうけど

僕がバイクを下りる時・・・免許証が剥奪されたら・・・と決めてます。

[ 2010/05/12 18:06 ] 怪我(骨折)・リハビリ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xjrninja.blog121.fc2.com/tb.php/411-852b47e6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。