上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年もありがとう・・・第43回 二輪車安全運転全国大会 

全都道府県の競技が終われば鈴鹿サーキット本コースで・・・

paredo55.jpg
(写真撮影 エイさん・・・早速使わさせて頂きましたありがとうございます)

選手188名(今年は186名)のパレードです



走りながら・・・

たった今、2年前に見学して憧れた場所で・・・すごいとこで走ってるんやな。。
なのに今年は直前まで全国大会から目を背けてしまったせいか
あっという間に終わってしまったな。。
この1年間・・・これでよかったんだろうか・・・。

なんて考えながら走ってました

DSC03895.jpg



そして表彰式・・・



DSC03900.jpg

昨年は自分に対しての不満も多くあったけど晴れやかな気分でした。
悔しさよりも「来年やったるぞ!」という気持ちだったかな

でも今年はすごく悔しかった。
自分の技術と精神面では、まだまだ上位選手に比べて劣ってる。
それは今年も痛いほど痛感した。

この1年の僕の頑張りは全くと言っていいほど及ばなかったんだ。
自分の不注意で怪我もした。
特練でも多くの方々に迷惑を掛けた。
なにやってたんや、俺・・・・・。

表彰式終了後・・・椅子から立てなかった。
喋る事も出来なかった。
けど下を見てうつむきはしなかった・・・したくなかった。ただ前を見てた。

そこに誰かが僕の左肩に「ボン」っと手を置いた。
某講習会でお世話になってる、僕の尊敬するお方でした。
顔を見た瞬間に悔しさと嬉しさが交差し、泣き崩れてしまう。。

こうして僕の今年の全国大会に幕が下ろされました。




大会成績(個人)
--------------------------------------
法規履行走行 減点0 (なし)
--------------------------------------
Aブロック・・・減点5
・ブレーキング 減点5 (基準停止距離オーバー)
--------------------------------------
Bブロック・・・減点25
・コンビネーションスラローム 減点5 (基準タイム超過×1秒)
・コーススラローム 減点15 (基準タイム超過×3秒)
・コーナリング 減点5 (基準タイム超過×1秒)
--------------------------------------
Cブロック・・・減点85
・応用千鳥 減点5 (パイロン接触×1)
・ストレートブリッジ 減点40 (エンスト・足付き)
・傾斜地走行 減点40 (左足支え・ラインオーバー)
--------------------------------------
Dブロック・・・減点15
・悪路応用 減点10 (パイロン接触×2)
・ブロックスネーク 減点5 (基準タイム不足)
・坂道レムニー 減点0 (なし)
--------------------------------------
合計 減点130
一般Aクラス 870点 24位



大会成績(団体)
-------------------
1位 東京都  3,865点
2位 神奈川県 3,865点
3位 大阪府  3,810点
-------------------
26位 京都府 3,540点




・・・疲れた。
もうしんどい。。

大会直前はこんな気持ちにもなった。

けど終わった今は やっぱりまた皆と走りたい そう思います。

この全国大会は自分一人の事だけを考えれば良いというものじゃないので
精神的な負担は耐えに耐えがたい部分も多いです。
ここにたどり着くまでに多くの練習時間を費やし
大会数ヶ月前にもなれば休みの日になると「練習!」その事しか
頭になくなり自分の生活のリズムもそれに合わせてしまいます。
自分はよくても回りに(家族等)理解してもらう事の難しさもあります。
実際、僕もお連れさんとは、この事で何度も衝突してました。
その他、今年は知りたくなかった事まで知る事になり
一時は本当に僕の進んでるこの道が嫌になりました。

けど、僕はまた来年も自らの意思と足でこの道を歩く決意をする。

なんででしょうね・・・。
答えは簡単です。
こんな状況に自ら手を上げて毎年果敢に挑戦をし続ける仲間・・・同士が
日本全国にいてるからです。
僕も相当オバカさんですが全国にも僕以上に愛すべきオバカさんがいます。
そんな仲間と鈴鹿で一緒に走る事のできる喜びと幸せ。

そんなオバカな僕達を影でサポートしてくれる大きな支え・・・。

その事を知ってる以上はこの道をここで終わらせる事は単なる逃げであり
今後の僕の人生にとって何の為にもならないんだと思います。

全国大会出場は条件が限られてます。
が、僕にはまだ資格がある。
今しか出来ない事を、今!全力で挑み続ける。
絶対にこのままでは終えられませんし終わりません。



CIMG4003.jpg

そして来年こそは、今年も果たせなかった「想い」と
「自分自身への目標」に向かって、また鈴鹿で皆と再会できるよう
コツコツと着実に積み重ねていきす。





最後になりましたが・・・
僕を鈴鹿に連れて行って下さった、御支援を頂いた京都チームの皆様
現地まで応援に来てくれた皆様、PC前で応援してくださった皆様
運営の方々や審判員方々、本当にありがとうございました。

今年も長々と最後までレポートのお付き合い、どうもありがとうございました!
スポンサーサイト
[ 2010/08/21 10:03 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

第43回 二輪車安全運転全国大会 2日目・・・最終ブロック 

大会2日目・・・最終ブロック

昨年までとは違い、今年からは
Bブロック(コンビスラ・コーススラ・コーナリング)前に
Aブロックのブレーキングが組み込まれました
(昨年は法規走行後にブレーキングでした)



ZRXに跨りブレーキングスタート地点へ向かう待ち時間・・・
嘘のように緊張も無くリラックスしてる。。

やっと去年の自分に勝つ場が訪れた・・・

楽しみで仕方なかった。
緊張はほんと全くと言っていいほどなかったけど集中はできてた。



ブレーキング





カカカカカッ

とリアが暴れる

進入速度は44,0km/h(指定速度は40km/h以上)

自分の中では若干出しすぎ・・・
そう・・・速度調整に失敗してしまったのである。

そしてそれが後輪を暴れさせる原因となる。。

↑動画の後半のスロー映像・・・リアタイヤ・・・後輪ロックギリギリ(笑)
(※ロックは2m以上で減点20)

やっぱりこういう焦る場面でいつものリア踏みすぎの癖が出る。
自ずと意識はリアブレーキを踏む右足に集中
で、フロントブレーキから意識が外れあとちょっとが引き込めず・・・


も、セーーーフ



と、思ったら・・・
「減点・・・停止基準ラインオーバー


( ̄△ ̄;)エッ・・・


なんと、前輪が微妙に白線の上に乗っかっちゃってるではありませんか

も、

「減点5か・・・しょうがない、ロックで減点20よりはマシだ次っ

すぐに気持を切り替える。




そしていよいよ昨年のリベンジ・・・
去年までのスピード系が苦手な自分とお別れできるその時がやってきた

よっしゃ・・・やっときたな。。

ふーっ・・・・・よしっお願いします




コンビネーションスラロームとコーススラロームを続けて





コンビネーションスラローム(指定タイム20秒以内)
こういう競技って、やってる時間はほんの数十秒だけど
走ってる時は1分は越えてるかのように頭の中で色々な事を考えてる。
人間の脳ってすごいって思う。

スタートしてからの直パイ・・・
うーんいつも通りで相変わらず微妙だ。
あんまりスピードも出せてないぃぃぃ

んで、オフセット入り口で
うわ、滑ったーーー(笑)半笑いになる。
いつものリア踏み過ぎの癖またでたしー落ちつけ俺!!!
ラインの修正!フロントブレーキを使う。。。よし。。。
って全然開けれてねー!これ横幅狭いぞ!なんか上半身のバランスもおかしい!けど修正でけた!突っ込めー

あれこれ頭の中で考えまくりながらゴール

うぅ・・・ダメだったぁ・・・タイムも去年と変わらんぞ

「20びょう365」

23秒って・・・え?20びょう

動画でも「えっ」って感じで一瞬電光掲示板を確認してます(笑)

ま、まじか!指定タイムの20秒切まであとちょっとやったんや
うぉぉっぉ、ワシ頑張ったぞー



コーススラローム(指定タイム20秒以内)
そして昨年は5秒遅れという
とんでもないタイムを出してしまった忌々しいコーススラローム

よし・・・いける、いけるぞ。落ちつけ・・・落ちつけ俺!

そしてスタート
うわー相変わらずスタートダッシュできないわー
クネックネックネッってなんか上半身もバイクも安定しねー
なんか理想のイメージラインと全然違うとこ通ってるしー!
(奥の)Uターンもなんかギコチナイゾ!あ、アクセル開けないと!
むーーー微妙だけどどうだっでゴール

「22びょう05」

22秒!わし一般的なちょい遅いタイムで走れたー\(*T▽T*)/
・・・って、05ってなんやねーーーん


そう、0,01秒遅れでも1秒減点扱いになるんです。

ってことは3秒遅れで減点15

でもワシよく頑張ったオツカレ
そして最後の競技・・・コーナリングへ・・・



コーナリング(指定タイム3,3秒以内)
動画はなしですがリーンインで綺麗に走れたつもりでした。

が、タイムは「3,31秒・・・減点項目なしっ!」

うわっ・・・ギリギリアウトーあれ?減点なし
とその時は勘違いしたまんまだったけど
やっぱり指定タイム不足で減点5



スピード系全種目・・・あとほんのちょっとというところで
細かな減点をまた今年も沢山頂いちゃいました。
去年は大幅に足らずの減点だったんでマシにはなりましたが



そして全ての競技が・・・
僕の今年の全国大会が終了しました。

そして例の如く・・・1日目の不甲斐なさとか色々な事を思い出してしまい
やっぱり号泣・・・

みんな、ごめん・・・すいませんでした。。
これが真っ先に思い浮かんできた言葉でした。



次回、やっと最終回へ・・・続く...

[ 2010/08/19 19:14 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

全国大会2日目・・・法規走行(傾向と対策)最後の試走へ 

大会2日目・・・

Aクラス最初の競技は『 法規履行走行 』


DSC03856.jpg

持ち点1000点の500点という半分を占めるこの競技

昨年はここで減点25点をもらい、入賞を逃した思い出が
その時のミスを普段から癖付けとして徹底し続けてきたので
今年の法規走行は自信を持って挑めました

が、強いて悩む点と言えば
今年からコース改正により少々変わった・・・

M4V03857MP4_000110977.jpg

この交差点ではないでしょうか

が、そんな悩みも開会式後の競技説明により吹き飛びました
昨年はこの時に言われてた事が2日目には頭から飛んで
結果、痛い目にあってましたから。。




ちなみに。。

昨年のAクラス法規走行成績を見渡してみると・・・

減点 0 が8名
減点 5 が13名
減点 10~20 が12名
減点 25以上 が14名


となっており、かなり細かい箇所まで採点されてたように思います。

が、法規走行で怖いのは
採点者は恐らく昨年と同じではない。
人により見る箇所も違えば、感じ方も変わってくる。

というところでしょうか。。



そして、

今年のAクラスの法規走行を見渡してみる。。

減点 0 が31名
減点 5 が3名
減点 10~20 が6名
減点 25以上 が7名


と昨年とはうってかわっての好結果の連発となりました。

考えられる理由は昨年までのコースが少し省略され短くなり
審判員さんの見る場所が減った事と選手個人の研究によるレベルアップ


この2つが主だとは思いますが、はたしてそれだけなんでしょうか



ちなみに僕の法規成績は京都チーム念願の減点0



だったんですが・・・。
な~んか素直に喜べない

自信はそれなりにあったし「あっ」と思う大きな箇所はなかったけど
去年と同じ審判員さんが見てたらどうだったんだろう。。

なんて思ってしまう。
落ち着いて走れた、とは言え、
少なからずこの日最初の走りなので緊張はしてました。

今年はブレーキを掛ける指の本数に関してなにも言われてませんでしたが
僕自身法規中全部4本掛けでやりましたと断言できるほど覚えてない。

無意識の瞬間の普段の癖が出てしまう

だから法規走行で「どこで引かれたのか分からない」と聞くけど
それは普段から無意識の内に出来てない可能性が高いので
普段から一つ一つ見直しながら、その積み重ねでしか減点をなくせない。

だから僕の今年の結果もそんなに喜んではいられません。
更にこれからの普段からの走りを大切にしなければ・・・。



そして最後に・・・
Aブロック(ブレーキング)と、
Bブロック(コンビネーションスラローム・コーススラローム・コーナリング)


の前に

DSC03871.jpg

B代表くんの最後の競技、法規走行を見届ける

自分の番までは時間があったので
この日も色々な他県の方とお話することができました

全国出場条件の5回を終えた他県の先輩の貴重なお話も聞く事が出来ました

見学してる時に某チームの特練監督さんともお話をする事ができました。
昨年は視線すら合わせてくれなかったこの監督さんの接し方の変わりように感動する。。
あの場ではありえないような踏み込んだ話までできるとは・・・。
「頑張ってください!」とそのチームに激励を送り別れようとすると

「お前もまだ終わってないやろ!集中していかんと

という叱咤激励を受ける。素直に嬉しかった。



そして、僕の2010年大会の最後のブロックが始まる・・・。



まずは試走だ・・・。

DSC_0884_1_.jpg
※写真提供 Tさん ありがとございます

このブロックの試走はコースを走る事が出来る
昨年はこの試走で雨も降ってたせいか完全にビビッテしまい超弱気
試走なはずが前を走るイントラさんのスピードに付いていけず
凹みまくり、本番でもそんな気持ちを引きずり自滅した記憶は新しい。。

まずは自分に当たった車両ZRX・・・
なんかフロントがすごく重たく感じた。
が、んなこたぁどうだっていい(よくないけど。。)
コイツ(ZRX)を服従さすべく、そして試走の段階で自分がどれだけはしれるか

不安と楽しみが入り混じる


よしっいける・・・試走後は昨年とは正反対の交感触


そして集中タイムへ。。

まずはAブロックのブレーキング
今年から観客ゾーンの目の前で走る種目です


またまた続く。
[ 2010/08/17 19:54 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

体験走行~パーティー~行方不明~そして2日目へ・・・ 

第43回 二輪車安全運転全国大会、1日目競技終了後は・・・


鈴鹿サーキット 国際レーシングコース体験走行
→ 去年の様子 ←

CIMG3984.jpg

昨年は競技車両での体験走行でしたが
今年は鈴鹿STECの車両・・・
カブやCB400SFにCB1300での走行となってました。


昨年のような待ち時間もなく、全員一斉に走行です

DSC03844.jpg

なのでスピードも流す感じでゆったり体験走行になりました。

体験走行の後は2日目のパレードの説明を受け

DSC03851.jpg

三重県警の白バイさん達は帰宅に・・・
僕らは宿泊施設のフリージアに

CIMG3987.jpg
こんなトコ(ホームページへ)

その後は夕食パーティーへ


そのパーティー前のお楽しみ・・・
会場入り口付近に1日目の競技途中結果が貼られるんですが

まぁ今年の僕はふがいない成績で自分の結果も知ってるし
他県選手の成績を気にしても仕方ないので今年は見ず

来年は見れるような走りをしたいものです。。



CIMG3988.jpg

そして立食パーティーです
今年は東京都チーム監督さんの御挨拶なんかもありましたね

豪華な食事をお腹いっぱい頂く

も、1日目の自分の不甲斐なさでいっぱいであまりノドを通らずでしたが
関東某県のチームキャプテンさんとお話をして吹っ切れた気がしました。

1日目ボロボロだったけど2日目に対する姿勢とか
2年全国に出て、更に来年以降全国に挑む姿勢とか・・・

ちなみにこの方は同じ一般Aクラス
昨年も今年も僕の前に大きく立ちはだかってる偉大なるお方です。

くそぅ、僕と違いカッコよすぎるわ



その後は温泉に・・・



そして部屋に戻れば安協さんの怒涛のお話タイムが始まります。。

夜の来客、お土産を持って某県チームも尋ねてきてくださいました

盛り上がりすぎて苦情電話がきてしまったというオチまで
電話に出たのは僕。。
なんか久しぶりにめっちゃ切れられ凹む。。

きっとお向かいのお部屋からだったと思います・・・その節は大変御迷惑を



そして就寝・・・って時間は12時回ってますやん
明日は5時前起きなんですぞ・・・

そんな事も知ってか知らずかすぐにイビキが聞こえてくる

ちなみにその怪獣は昨年に引き続き今年も2匹いる。



が、大ボスのティラノサウルスが部屋に戻ってこない




きっとどこかで油を売ってるか、選手の僕らに気を使ってどこかで・・・



・・・



翌朝日曜日、5時前起床
夜中2回もトイレに行く事になってしまい
案の定寝不足で日曜日の朝を迎える。。

あれ、ティラノサウルス様が戻ってない

きっと酔っ払ったまま、どこかの部屋で寝てるんだ。
そうに違いない。。。

と、とりあえず今日の下見に行こうか・・・とB代表くんと下見へ向かう。。



そしてロッジ、フリージア入り口の広間にて
ティラノサウルスさま発見

なんと、そこの床で丸くなって寝てたみたいで

「めろんさんの入室禁止令によりここで寝てた

工工エ笑エェェ(´Д`)ェェエ笑エ工工


自分の夜の雄叫びで選手の僕らに迷惑を掛けてはいけないという
優しさからうまれた、後に語り継がれる京都チーム愛である・・・。

ありがとうというより、申し訳なかったです
来年以降は喜んで相部屋させて頂きます!、たぶん(笑)

来年は一緒に行けるよう、僕が頑張らなければいけませんが><b



CIMG3989.jpg

そして2日目の下見へ・・・

法規履行走行コースを歩く
コンビネーションスラローム&コーススラロームコースを歩く

1日目の事なんてもうどうでも良い。
終わってからとことん反省すればいい。
今日、2日目は2日目の優勝を狙って(そんなのありませんが)
全力で挑む

嘘のようにいい精神状態でした。

CIMG3990.jpg

こうして2日目・・・
昨年はここで散ったスピード系種目に挑む・・・


続く。


[ 2010/08/16 19:20 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

第43回 二輪車安全運転全国大会 1日目・・・Dブロック 

悪夢のようなCブロックを終え・・・

Dブロックが始まるまでのつかの間の休息。。
今年はこの時間が耐えに耐え難い時間だった気がします。
特に京都府チームのテント付近は・・・

こうなったのもすべては自分のせい。
凹んだ気持ちをなかなか切り替えられずにいましたが
各県の選手のみんなや今年出れなかった方々とのお話で落ちつき

多くの方々に助けられました

あと僕に出来る事は
Cブロックのコース状態などの感想をBクラス代表くんに伝える事
次に走る京都府チームの応援に徹する事



Aクラスの次のDブロックも視察してみる

え・・・なんかみんな悪路応用走行失敗してないか

自信はあったけど、ここで少し身構えてしまう。。

そしてあっという間にDブロック・・・僕の出番が回ってくる

DSC03832.jpg

試走・・・これもコース側を走るのみで、その後すぐに競技に入る。。

そしてこの時のZRX・・・
Cブロックの時のZRXと違ってリアがそんなにピョンピョンしない。
が、なんかハンドリングが重く感じたマシンでした。

そして、いよいよ・・・Dブロック

悪路応用走行 ブロックスネーク レムニー走行

→ 去年の動画はコチラ ←


今年のDブロック動画です





・悪路応用走行
今年は「慎重に」と「ライン取り」を頭に叩き込み落ち着いて挑む。
「昨年はいけたから今年も簡単にいける」なんて考えは全くなかった。
むしろ直前に多くの失敗を見た事により、より気を引き締める事が出来ました。

・・・も、2本目接触・・・これは審判員さんの手が上がったのに気付かず
3本目パイロンからは慎重に左フルロック旋回
が、バランスがちょっと崩れハンドルを真っ直ぐにしてしまう

「あぁっ、この状態で進んだら絶対に4本目パイロン接触してしまう!」

気合でバイクを静止させてもう一度左フルロックに

ここで色々と考え忙しくなってしまったせいか、
右フルロック旋回への切り返しポイントを焦ってしまい早めに切る


「あぁ・・・これは微妙に当たってしまうラインだ

4本目のパイロン横を無事通過したか
も、審判員さんの手が上がったのが視界に入る・・・。

パイロン接触2回!2回とも触ったくらいでした

むぉぉぉ・・・そんくらいまけてくれよぉぉぉ・・・と直後に思ってしまう^^;

地味すぎる減点 10 で悪路応用走行を終える。



・ブロックスネーク

今だから言える事、今年はこの競技が1番不安でした
今年の特練で久しぶりに脱輪してからは、定期的に落ちてました
これ、きらい。。
そんな気持ちになった特練最終日は一度も脱輪せずクリアー
その後大会まではビデオを見ながら成功するイメージだけしてきました。

その効果があったのか(は、不明ですが・・・)
ブロックスネーク前に立った時は「あれ、落ちる気がしない

も、一本橋での失敗を思い出し、落ちつけ落ちつけと呪文を唱える。。

そしてスタート
ちなみにZRXはブロックを越える時にバイクの底・・・腹が当たる。
去年はこれにビビリ数えてたタイムが吹っ飛んだので
今年は無心で、ただラインを外さない走りだけを心掛けてみました。


も、体内時計は当たってたようで あぁ・・・これ絶対早いわぁ
と思うも粘って落ちるのが怖く、そのまま通過する事に
1年経っても進歩のない走りしかできず・・・

8,36秒 で指定タイム9秒~11秒に僅かに届かず減点 5



・レムニー走行

これは最初のパイロンによりすぎて接触しないようにだけを心掛ける。
感想・・・パイロン間隔が広すぎる。。去年よりも広い気がした
案の定、最後の表彰式あとの総評で「レムニーの成功率の高さに・・・」
と言われておりました。

これすなわち来年からはもうちょっと厳しめにします
と言ってるようなもの。

今年の悪路も昨年より明らかに狭くなってましたから・・・(たぶん。



Dブロック 減点 15 で走り終える。

減点「15」は僕一人だけ・・・(0~10 20以上~ は、いてましたよ~)
・・・( ̄  ̄;) うーん、まさに地味で中途半端なライダーだ。。

減点0で行けそうなのに行けないこのブロック
要するにまだまだ技術と精神面が未熟だったんでしょう。
何が足りなかったんだろう・・・ではなく、足りないとこだらけですから

が、もしこのブロックでも最大減点があったとしたら・・・
めろんは確実に京都チームから追放だっただけに
終わった時は正直ホッとしました

ここでもし失敗してたら・・・そんな状況を今、想い描くとゾッとします。

この追い込まれた状況で最小限のミスで乗り切れた事は
きっと今後の大きなプラスになる・・・そう思いたいです


1日目終了 この時点で減点 100
安協さんにはなんの楽しみもない2日目にさせてしまいましたが
Dブロックレムニー終了後の皆の拍手と声援

目頭が熱くなるほど心に響いてきました。


誰が誰だかよく見えてませんでしたけど
今大会でも上位に位置する僕の嬉しかったことです

[ 2010/08/14 08:33 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

第43回 二輪車安全運転全国大会 1日目・・・Cブロック 


「一般Aクラス・・・24番から28番の方は準備をしてください

・・・ドキドキ・・・ZRXに跨る。

DSC03791.jpg

自分のバイク CB400SF Revo 特練車両 CB400SF(教習仕様) 
HMS車両 CB400SF SPEC3

と、「CB400SF」ばかり乗ってたのでZRXに跨った時の違和感・・・

それに少々恐れてたけど、そんなに違和感はない
ハンドルの切れ角も悪いっていうけどCBと大差ない・・・

あとは昨年から気になってたリアブレーキの効き具合

これが1番の不安点・・・

DSC03801.jpg

そうこう考えてるうちに試走が始まる。。
試走と言っても蛇行運転等の練習は禁止でセクション横を通過するだけ

それ即ち、コース順路を把握するためではなく(もちろんそれもありますが。。)
自分に割り当てられたZRXと対話し癖を感じ取る貴重な時間でもあります

その後すぐに競技に入るんで
いかに常日頃から一発目や本番を意識した練習が出来てるかどうか・・・

練習通りにはいかない一発勝負を想定した練習での成果が問われます



試走後・・・

やっぱりこのZRX・・・リアの効きが強く踏み過ぎるとフワフワする

これが僕の割り当てられたZRXに対しての感想でした。

あとはその事を頭に置きながら集中に入ります。



Cブロック

一発目の応用千鳥走行

・・・これは一発目の競技なだけに昨年に続き今年も重点を置いてきた課題
失敗するはずがない、そして一つ一つを丁寧に


ふぅぅぅぅぅ・・・


動画





スタートし、すぐにリアブレーキを踏む。
相変わらずピョンピョンする・・・も、想定内。

あとは理想のラインをなぞっていくだけ

も、緊張で体が固まってたんだろうか・・・ラインに寄せ切れず
10cm以上開けたラインで進入アプローチに


パイロン内を通過した前輪はラインギリギリ・・・視界に入る。ちょっと動揺

そして左ターン・・・

で、なぜか赤旗が上がる
パイロン横を踏んだ感覚はない・・・も、横が少し触れたんだろう。。

まぁいい、仕方ない、次

で、あとはなんとかノーミスで無事ゴール



応用千鳥走行・・・パイロン接触1で減点5



ふぅ・・・なんとかミスを最小限に抑え乗り切った。

次は昨年16秒に終わった一本橋だ



・・・プスン・・・



・・・あっ・・・



応用千鳥ゴールから一本橋セクションに向かう時に
昨年に続きまたやってしまったのである。。。

エ ン ス ト

ただ競技を終えてるのでこの時のエンストは採点基準外。
「後方よし」を再びちゃんとしてから一本橋スタートラインへ

この時の動揺が集中していた糸を緩めてしまったのだろうか・・・




一本橋がスタート

おしっ!上半身のブレもない・・・すげぇいい感じや

・・・そう思った瞬間・・・



プスン。。

エンストし車体が傾く。。

M4V03809MP4_000026059.jpg

急いでセルスタートを押すも・・・



足付きと同時にエンジン始動

・・・そして両脇の審判員さんの旗が無情にも・・・

M4V03809MP4_000027794.jpg

特練では1度もエンストなんてした事がなかったし
挑戦した全てで20秒以上で走れてた。

なのに、なんでこんな大きなミスを・・・



やってしまった・・・



その想いを大きく引きずったまま、次の傾斜地へ。。

今回初挑戦

も、これも特練では大きなミスもなく出来ていた課題
実際、自信はかなりあった。。

でも一本橋の最大減点というショックからなかなか立ち直れず
気持ちの整理も付かないままスタート

M4V03810MP4_000027494.jpg

よし・・・外ラインもオーバーせず進入は完璧



と思った瞬間、リアが滑り落ちて行く



うわ・・・体勢を立て直すべく左足が出る。。

・・・正直あんまり覚えてない

次に気が付いた時には・・・

M4V03810MP4_000029529.jpg

外のラインをオーバーしている前輪が視界に入っていた。



終わった・・・



M4V03810MP4_000036569.jpg

審判員さんの「最大減点」という言葉しか記憶にない。

ほんと、もうこの時の気持ちは思いだしたくない・・・。
だからあんまり書きたくない。
でも、忘れられない

みんなの残念そうな顔と安協さんのお怒りの顔が目に焼き付く。



こうして今年のCブロックは

減点5+最大減点2つ 合計減点85点

となった。
早々とAクラス入賞圏内から脱落である。。

まだこの日残ってるDブロックにどう挑むか・・・
気持を切り替えることの難しさをまじまじと痛感する事になりました




ここからは今の感想

最大減点を食らった一本橋と傾斜地。。
この2つはどちらかというと、それほど心配もないかな・・・
というくらいしか考えてない課題でした。

も、蓋を開けてみれば思惑と全く逆の結果になってしまった。
この敗因、原因は何なのか

ただ全ての要因が足りてなかった
技術的な事はもちろん、その競技を甘く見すぎてた自分
今の僕では何度やっても結果は同じです。

同じ失敗、ミスはもう二度としない
その為には、またこれから練習を確実に積み重ねていかねば。。


2年連続で跳ね返された一本橋・・・(昨年は16秒で点数半分)
20秒を、一本橋を甘く見ず、年内40秒を目指し1から出直します

[ 2010/08/12 19:13 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

第43回 二輪車安全運転全国大会!・・・1日目 出発~ 

あの熱い鈴鹿での激闘から早いもので10日が過ぎました・・・

ぼちぼち今年の全国大会を振り返っていこうと思います。



CIMG3965.jpg

7月31日・・・土曜日、5時前起床



CIMG3964.jpg

今年の荷物はブーツからヘルメットまで全てをこのバッグに詰め込み
6時過ぎに待ち合わせ場所に向かう・・・。

家の前なんですけど(笑)

今年は同じチームメイトの御夫婦に特練から全国大会日まで全てを
送迎していただきました ありがとうございました


ちなみに昨年度は6時半に京都府安協に集合だったんだ・・・。
今年の集合時間は7時半。

去年より1時間余裕があったけど結局この日はバイクに乗ることなく出発

もう30分早く起きて少しでもバイクに乗っておいた方が良かったんだろうか・・・



集合場所に到着し
安協さんの運転で鈴鹿サーキットに向かう

ちなみに京都府チーム鈴鹿サーキット内、御用達の秘密のくつろぎスペース
その建物自体とり壊され更地になってました

仕方なく受付場所近くのトイレで青のユニフォームに着替える。


受け付けを済ませたら、開会式が始まる時間前を利用し

CIMG3966.jpg

会場へ・・・



いよいよか・・・



CIMG3974.jpg

一般Aクラスの車両・・・ZRXがすでにスタンバイ

走行距離は700km前後という車両ばかりで個体差の激しいこのバイク。。
毎年Aクラスだけ各クラスの平均よりも50点は低いという・・・


CIMG3975.jpg

こちらは一般Bクラスの車両・・・CB750

こっちはこっちで鈴鹿HMSでばりばり乗り込まれた車両。
僕は乗った事がないのでなんとも言えませんが・・・


個体差はあるもののみんなほぼ同じ条件で競技に挑みます



さて・・・まずはコースの下見です

コースは大方出来上がっており、イントラさんが試走を繰り返してます。

DSC03757.jpg

↑これは一般Aクラス一発目の競技、応用千鳥走行
縦幅は昨年とほぼ同じで2,5m~2,6m
も、パイロン間隔は結構広く取られてた気がしました

DSC03758.jpg

↑これは傾斜地走行
昨年は雨で中止になった競技・・・即ち今年初挑戦なり


ここで某県のスクールでお世話になってる指導員さんに
激励を頂く

過去に2年連続準優勝というご本人さんにとってはこの上ない悔しさを
経験されたこの鈴鹿・・・僕には想像も出来ません。
また近々お世話になるんで色々と御指導を仰ぎたいと思います



コースの下見を済ませたらお昼ご飯

レストランのバイキング
11時半から

ちなみに開会式は12時から

・・・なんで誰も気付かなかったんだろう

12時2,3分前に・・・皆が座ってる中、遅れて席に着くという赤っ恥

会場では・・・「京都府は?」と呼ばれていたそうな。。。。

DSC03760.jpg

この上ない肩身の狭い開会式となってしまった京都府チーム(×_×;)

そして運命の出走順抽選が行われる。。

「Aクラス京都府コイそんな願いも空しく

一般Aクラスは鹿児島県から 一般Bクラスは群馬県から


昨年はAクラスが青森県からで Bクラスが埼玉県からだったんで
関西勢にとっては昨年とほぼ変わらずな出走順になってしまいました。
(女性クラスと高校生等クラスの順もほぼ昨年と同じでした)


開会式と選手審判ミーティングの後は

DSC03763.jpg

会場に行き、体操が始まります。
ここからは流れるような進行なので結構忙しい

体操が終わればすぐにイントラさんによる競技説明と試走が・・・

CIMG3979.jpg

ZRXとCB750、イントラさんによる2台の試走が見れるんですが
CB750のほうのイントラさんは一本橋を楽しむかのように40秒越えを披露されてました。

DSC03769.jpg

【Cブロック】応用千鳥走行 → 一本橋 → 傾斜地
【Dブロック】悪路応用走行 → ブロックスネーク → レムニー走行


昨年までは「皆順番に試走を済ませてから競技」というものでしたが
それだと最初の方と最後の方では随分時間が空くんで
「5人ずつで試走をしてからすぐに競技に入る」という流れに変更されてました。

試走が終わればあっという間に1組目の競技が始まります
本当に早いです。

僕は順番が早い方が嬉しかったりしますが
早ければバタバタしちゃうし遅すぎたら暑さで集中力の持っていき方に苦労しそうだし・・・( ̄  ̄;) うーん

どの順番になっても大丈夫な心構えが必要になってきますね。


23954163.jpg

僕は5組目の3番目(三重→滋賀→京都→大阪→兵庫)・・・

結果はこの前書いちゃってますんで・・・
地獄のCブロックに・・・続く。。

[ 2010/08/10 19:17 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

今年の京都府の・・・。来年、第44回大会に向かって・・・ 

去年の全国大会終了後の記事・・・

結構落ち込んでたようで・・・(;¬_¬)

今年はどうだろう。。
落ち込んではないけど、まだちょっと悔しいかなぁ
やるだけの事はやったんで悔いはない・・・でも悔しい。

詳細、大会振り返りは土日ゆっくり休んでから
また月曜日くらいから振り返ろうと思います



さて、先日の記事で僕の大会時の写真を載せましたが

今年の京都府チームのユニフォーム・・・

CIMG4005.jpg

上下青色に変わりました

ここ数年、↑の左の白で統一されてたはずなのに
個人的には昨年の白の方が愛着はあるかなぁ。



あと、昨年は頂けたこの認定証・・・

今年はありませんでした
ま、まさか僕だけ手違いで貰えてないなんてことはないですよね

CIMG4007.jpg

今年は来年度の鈴鹿8時間耐久ロードレースの入場券を頂きましたが・・・
これは昨年までも貰えてたという噂・・・

来年はお伊勢さんツーリングではなく鈴鹿8耐観戦にでも行ってみようか



そして、今年度の安全運転大会キャップ

CIMG4010.jpg

なんという爽やかなスカイブルー
結局僕は一度も被ってなかったような・・・(; ̄- ̄;)



こんな感じで今年も思い出に残る物を頂け、
やはり今後の宝物になること間違いなしですが

なんか今年はあっという間に終わってしまったなぁ・・・

と、どこか寂しい気持ちと
不完全燃焼のようなやりきれない気持ちが込み上げてくる。



どうしてだろう理由を探ってみた・・・。

今年も京都府大会後に特練呼んでいただき
「今年は全国大会の事を考えずやるだけの事をやろう」
それだけを思い、全国に行くぞ!という気持ちを封印してきました。
「今出来ることを全力でやる」と言い聞かせてました。

その気持ちの裏には・・・今だからこそ言える事ですが

全国!全国!と意気込み、もし無理だった場合、自分が傷つくダメージが
かなり大きくなりそうだからあまり考えないようにしよう・・・。

という自分を守り逃げ道を作ってた弱い姿勢

そのせいで一週間前に代表を発表されても
気持ちの整理が追いつかず相当ヘコタレテしまうはめに

「無理だったらそれでいい・・・やるだけの事はやってきたから。」

こんな言葉を何も決まってない段階ですでに用意してたんだ。

「それでいい」わけがない。
この1年の頑張りをたった一言で自分を救えるはずがない。

本当に京都の為を想ってるなら、どうして最初から気合全開で
昨年の悔しさを晴らす為に頑張ろうとしなかったんだ・・・!
逃げ道を作ってる時点で「京都の為に」とか「恩返しを」とか
奇麗事を言いすぎなんだ、僕は。

僕がやろうとしてる恩返しはそうそう簡単な事ではない。
今年、胸が痛いほどよく分かりました。


来年の自分に告ぐ・・・
調子にのんな!一つ一つ真剣に取り組め!
そして何の為に頑張ってるのか、誰のおかげで頑張れるのか、
今一度胸に手を当てて考えろ!甘えてんなよ!
逃げ道なんか用意すんな!本気でぶち当たれ!


正直どういう気持ちで挑めばいいかなんて今の僕なんかには分からない。
そんな答えは見つからないまま全国出場条件の5回を迎えるかもしれません。
だから今思う事はその年1年を大切に後悔のない姿勢で挑まなければいけない。

今年は特練の時から自分の姿勢に後悔しまくりです。
時には足の怪我で1ヵ月乗ってなかったから仕方ないと甘えてました。

が、幸いにもこの後悔を挽回するチャンスはまだ残されてます。
今年経験し感じた事を次にいかさなければその次はもう来ない。
いや、次の次を考える時点でダメなんでしょう。
来年は来年しかありません。
その1年しかないその年を、それまでの経験をフル活用し
無駄にしない1年を送らなければ・・・。
今年は無駄な1年だった、という訳ではありませんが

色々考えすぎな僕のスタイルですが
きっといつの日か花開く時が来る・・・そう僕は僕の道を信じ頑張ります。
さて、これからの1年間、何度悩み凹むんだろう楽しみです。



昨年は14位905点
今年は24位870点

来年・・・順位は時の運なのでなんとも言えないけど
点数は960点を最低ラインの目標にしたいと思います。
本当は満点優勝!とか言いたいですが実力以上の大口を叩くのも失礼なので
ここは甘えさせていただきます
そして点数を気にしながら走るのではなく目の前の競技に集中し
点数は最後に見る、それでいい。

そして京都府団体成績目標は順位一桁

この誓いを忘れず、またこれからの1年、より一層邁進していこうと思います。
練習会各地でお会いする皆様、またご指導ご鞭撻ご後援を賜りますよう、
宜しくお願い申し上げます。

[ 2010/08/06 19:15 ] 2010年 第43回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。