上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
二輪車安全運転全国大会への道 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ありがとう・・・第42回二輪車安全運転全国大会 

初めての・・・念願叶った二輪車安全運転全国大会・・・

CIMG0469.jpg

過去に例のない二日間共雨という大会になりましたが
本当に素晴らしい舞台に立てる事ができ、最高の思い出になりました



結局、Aクラス大会車両のZRXに一度も乗らないまま当日を迎えましたが

DSCF9463.jpg

リアブレーキの効きが強いなぁ~と感じただけで
ハンドル切れ角とかクラッチがどうのこうのとか・・・
そういうのも特に感じず、乗りにくかったとは思いませんでした。

が・・・

一般A・Bクラスの平均得点を調べてみると

Aクラス 858点
Bクラス 896点


BクラスのCB750とは平均で約40点も差が付いてました

CB750は鈴鹿HMSでバンバン乗り込まれてる車両
ZRXは何年か前からこの全国大会用として使われてるだけの車両
走行距離も500~600㎞くらいで、
いわばエンジンや各部分の慣らしも終わってないバイク

この点だけじゃないでしょうけど、これも大きく影響し
全国大会車両のZRXは乗りにくいと呼ばれてるんでしょう





そして、僕の正式な成績結果


<<一般Aクラス>>

法規履行走行 -25
Aブロック ブレーキング 0
Bブロック スラロームコース -25
       コンビネーションスラローム -15
       コーナリング -5
Cブロック 応用千鳥走行 0
       一本橋 -20
Dブロック 悪路応用走行 0
       ブロックスネーク -5
       レムニー走行 0

トータル減点95 905点 14位



という成績に終わりました。
法規の減点以外はすべてタイムによる減点・・・


って事は、一度も審判員さんの赤旗が上がらなかったという



これはなかなか良かった点だったと・・・。
タイムによる減点はこの先技術を付けたら必ず減らせると思ってますから

緊張感もそれほどなく、すべてに集中して挑めたのもよかったです。
あの場にいるだけで幸せだったし、最大減点もなかったし

一番緊張したのは、京都府代表選抜の特練だったかも(笑)



CIMG0482.jpg

この秋の免許更新も乗り越え、また来年もあの千鳥走行のスタート地点に
全国大会の興奮を味わい楽しんで走る場所に・・・来年戻りたいと思います。



この写真は京都府キャプテンが他県に声を掛け実現した奇跡の合同写真
DSCF9497.jpg
表彰式の前に撮ったんですが、なんとAクラスの優勝者と3位のお方が
何年後かに、この時撮った写真が「新旧チャンピォンが揃った写真」
こう思い返せるような写真になれたらな~なんて


最後の最後で『京都府』は悔しい思いをしましたが
全員真剣に頑張った事に偽りはないので、申し訳ないという気持ちは封印です。
来年は必ず今年の京都チーム3人が勝ち残り(1人は引退)
もっともっと団結力を強め、今年の借りを返してやらなければいけません

勝ち残るのは決して簡単な事じゃないですが・・・また3人揃って行きましょう


感動の187名パレード



最後に・・・安協さんをはじめ、監督さん
遠くから応援してくださったPC前の皆さん
現地まで応援に来てくれた皆さん
特練で真剣に指導して下さったZ1300様に指導員の方々
サポートして下さった多くの方々に感謝を申し上げます。

鈴鹿に置いてきた大きな大きな忘れ物・・・
来年必ず取りに戻りたいと思います

本当にどうもありがとうございました
スポンサーサイト
[ 2009/08/14 19:25 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

夢の舞台鈴鹿!最終Bブロックで華々しく散る・・・。 

全国大会2日目・・・

ついに最後のブロック・・・苦手なスピード系3種目です

その中でも、一番苦手とするスラロームコース走行が一発目
DSCF9468.jpg

その日始めは、なんとかなるかも?と思ってたけど
試走した時にZRXが全然扱えず思うように走れない事に気付く

おまけに雨・・・そして濡れた路面でビビリ気味

この時の気持ちは今でもよく覚えてるわぁ・・・。
この場から逃げたくて泣きそうになるくらい弱ってましたから^^;

でも腹をくくって行くしかありません

DSC00749.jpg

待機中にすんごい大雨が・・・まるでこの時の僕の気持ちのよう(笑)

と、言ってもバイクに跨れば弱音も吐かないし弱気な自分も封印です
今持ってる力・・・それが足りてないと分かってても出し切る事だけに集中・・・。


そして、笑顔で楽しんで乗る


こう言い聞かせ、スタート地点に・・・。

DSCF9475.jpg

前を走る、僕の尊敬するライバルの走りを見届ける。

さすがや・・・やっぱすごいわ♪よしっ・・・僕も頑張る

そしてスタート
これは見せれる走りじゃないので動画はなしですm(__)m

・・・( ̄  ̄;) うーん

やっぱり全然走れなかった。
路面が濡れてなければここまで遅くはなかっただろうけど・・・。
Ninja 250Rでは雨の講習会に何度も行ってるしそれなりの自信はあるけど
重いZRXで濡れた路面の中、400のパワーを制御できるのか
こんな気持ちになり、無意識の内に自分で色々と制御してしまってたなぁ

簡単に言えば・・・技術・練習不足でしょうね。

だって低速の時は弱気になんかこれっぽっちもならなかったし。。



スラロームコース走行の指定タイムはウェットで2秒加算されたものの
基本の指定タイムがかなり厳しくされてるので、2秒指定タイムが伸びても
2~3秒遅れる人がほとんど・・・。


そして、僕は指定タイムから5秒遅れて減点25・・・


かなり痛い減点ですが、今の僕では仕方のない減点だったかと




あとの競技・・・
コンビネーションスラロームとコーナリングは動画で・・・





コース走行にコンビスラ・・・
強い気持ちで挑めてたら1秒づつくらいは短縮できてたかもしれません。
コーナリングも減点なしで終えられてたかもしれません・・・。

が・・・

これが今の自分の実力だと思って受け止めました。

だからこそ終わった直後、最後までやり終えたのと、実力を出し尽くせたこと、
そして自分の技術のなさに悔しくなり涙が止まらなくなりました・・・

悔しいけど、悔いが残る気持ちは全くなし
よく頑張れた方かな~と・・・


DSC00756.jpg

今、あの楽しかった全国大会を思い出し・・・
転倒ですべてが冷めた気持ちの奥底から熱いものが沸々と・・・。

来年の自分・・・今年終わった直後の悔しい気持ち・・・ぶつけてな


(全国大会の記事・・・あともう一回だけ総評として振り返って終わりですb)
[ 2009/08/13 18:47 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

全国大会2日目!法規履行走行にブレーキング! 

8月2日 全国大会も2日目に突入

もう10日も前のことになるんですねぇ・・・シミジミ

5時過ぎに起床・・・というか怪獣の鳴き声で起きてましたが(笑)
外は雨・・・

この日は法規走行からスタートなので
雨が降っててもカッパを着て下見に行きます・・・

DSCF9446.jpg

しかしまぁ・・・まさか2日間共雨の開催になるとは
ここ数年記憶にないそうで・・・もしかしてハジメテ

法規コースにブレーキング、スラロームコースにコンビネーションコース
の下見を終え、宿泊施設に戻り荷物を引き上げ朝食です

忙しくて少々バタバタしましたが
朝食はこれまたバイキング

そして交通教育センターへ・・・2日目の始まりです



時間は午前8時前・・・。
早速競技説明・・・イントラさんの試走です。

DSCF9451.jpg

さすがに走る方は普段から乗られてるので低速よりも上手い・・・。
でも・・・あんなに無駄のない速い走りでも指定タイムの2秒足りず

不安になる・・・



次ぎは選手の試走です

法規コース→ブレーキング→スラロームコース→コンビコース→コーナリング
と順に止まることなく一通り走れるんですが・・・

試走のはずが選手を引っ張るイントラさん・・・速い

DSC00736.jpg

僕は先頭なので不安大です

・・・( ̄  ̄;) うーん 気にせず自分の走りを・・・試走をしましたが
思い通りに走れずこの時点で気持ちは弱気に

あとは法規走行の順番を待つのみ・・・。



1時間ほど待ったかな・・・。
いよいよ・・・『法規履行走行→ブレーキング』のAブロックです

DSC00737.jpg

ちなみに、この法規走行・・・
この安全運転競技大会では一番重要な競技だったりします。

他の競技は満点で40点・・・最大減点でも40点で済みますが
法規は持ち点500点・・・ということは全点数の半分を占める競技で
点数が残ってる限り、最大500点分どんどんマイナスされていきます

が・・・この競技は出来て当たり前な競技
でも、毎年何人もの人が減点を食らってしまいます。

技術だけではなく、
いかに日頃からルールを守って走れてるかが重要な奥の深い競技



100人くらいが見守る中・・・いよいよスタート

緊張も全くせずに、自信を持ちながらブツブツと声に出し確認しながら競技終了
も、一箇所大きなミスをしてしまいました。

初日の開会式後の審判員さんの法規走行で説明されてた注意点
横断歩道前に止まってる車を避ける時の進路変更時の指示器

・・・避けて左に戻る時に出す指示器・・・の前の後方確認忘れ・・・

「あっ」っと思った時には、後方確認せず、もう指示器を出してました。



法規履行走行の細かな減点内容は発表されませんが
間違いなくこれはとられたと・・・「安全不確認で減点20」

そしてもう1つの減点箇所・・・。
これが当初思ってたのと違ったのでどこで減点されたか分からず
それが「5点」(最初はふらつきと思ってたけど、それは減点10だからなぁ。。)

で・・・最終的に


法規履行走行 減点25


これは正直、かなり痛い減点です。
しかも5点、自分が何処で減点されたか分かってません。
20点のミス以外はかなり自信を持って落ち着いて挑めたんですが・・・。




その次はブレーキングです

雨の為、時速40㎞/hで指定停止距離が10mにプラス3mで13メートル

なので、普通にやれば簡単に止まれる距離。
気を付けなければいけないのが、後輪ロックに指示速度不足です

動画はブレーキングだけですが^^;
というか、こんなに人多かったんですね



フロントサスの沈み具合がよく分かります^^
と言うかZRXってトルクありすぎです。。
特練で乗ってたCB400SFと同じ様に加速し、メーターの針見たら50㎞/h
そこからアクセル完全オフ状態でブレーキング開始
危なかったです

このブレーキングにおられた審判員さんがとっても丁寧な方で
「大丈夫?一回ブレーキ握ってみ^^」
と、スタート前に声を掛けてくださりました

停止位置におられた審判員さんもかなり丁寧で
減点がないのをすんご~く丁寧に説明されました。

DSC00741.jpg

なんか、僕の時だけ?すごく説明が長かったようで
なにか言われてるんじゃないかと思われたくらいです(笑)
他の審判員さんも見てますね^^;



残すところ、Bブロックのみです
見てる人みんなが一番注目する、僕が一番苦手なブロックです・・・
[ 2009/08/12 19:00 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

鈴鹿サーキット本コース体験走行~夕食パーティー☆ 

第42回二輪車安全運転全国大会
1日目の競技終了後は・・・
DSC00707.jpg
鈴鹿サーキット 国際レーシングコース体験走行の受付に

高校生クラスの競技が最後の方だったので
終わるまで待ってから受付に・・・もう№160

今年の大会選手合計人数は187名なのでほとんどの人が走ったんですね
ちなみに今年は雨の為か、トライアルバイク体験が中止に

DSCF9422.jpg

鈴鹿サーキットの体験走行は白バイが先導してくださり
大会参加クラスの車両と決まってるのでZRXで走ります

(約2ヶ月後に行われる全国白バイ安全運転競技大会・・・
 監督さん率いる京都チームが出るので今年は行こうと計画中)



鈴鹿サーキットコースガイド(右ちょい上の交通教育センター付近からスタート)

体験走行まで待ち時間がありましたが、奈良・大阪・兵庫の方々と雑談
1日目の競技成績が良かった為、ずいぶんチャカされました

3組目で乗る順番場回ってきていよいよ鈴鹿の本コースです

走り終えた感想・・・楽しかったけど、寒かった(笑)
小雨少々、気温も高くなくて涼しい、その中をメッシュで時速80~120キロ
あと、意外と直線が少なくてビックリ

これをプロのレーサーは何十周も走ってるんだと思うと
驚きと尊敬以外ありませんこりゃすごい

そんな貴重な鈴鹿サーキットコースを走り終え

DSCF9426.jpg

遊園地内を通過し宿泊施設のロッシ・フリージアに・・・

DSCF9431.jpg

部屋の前の廊下には各都道府県の旗が・・・
クラブの合宿みたいです

DSCF9434.jpg

部屋は女性抜きの京都チーム7名で8人部屋に宿泊です。
2段ベッド×4つに洗面台にテレビと至ってシンプル

それから休憩する間もなく・・・
DSCF9432.jpg
夕食パーティーに行く為に着替えを済ませます
い、いそがしい・・・

そのパーティー会場入り口付近に・・・
1日目の競技途中結果が貼られます

僕は一本橋3,3秒とブロック0,2秒足りずでしたが、堂々の7番目
来年も同じ舞台に立ててたら満点通過を目指します。

そしてパーティー会場へ・・・

DSCF9440.jpg

美味そうなお寿司やらがテーブルの上に
僕はビールを美味しく飲めないのでこういう時はちょいと残念ですが^^;

時間になり、主催者様のお話に始まり・・・

DSCF9441.jpg

カンパーイ

テーブルの場所は一応決められてましたが移動は自由
でもみんな私服なので誰が誰なのかさっぱり分かりません

初参加で何も分からずだったので大人しくしてましたが
新潟に千葉の方、そして鈴鹿で会おうと約束した審判員として来てる指導員さん
色々な方々が会いに来て下さりました

あの楽しさ・・・「来年も必ず」選手はみんな思ったでしょうね。

DSCF9443.jpg

でも意外と食事はお腹の中に入りません(笑)

夕食パーティーもあっという間に終われば次ぎは温泉です

温泉内で同じ京都チームの先輩仲間と
翌日の法規走行コースの打ち合わせなんかしてたら
長かったようで温泉上がりのアイスを逃したり財布持ってネェ

何時くらいだったか・・・

温泉が終わればお部屋に京都チーム全員が集まりお話タイム
安協のオヤジ様のお話が止まりません(笑)

でも色々な話を聞けて楽しい夜をすごせました

結局12時過ぎまでお話タイムが続く・・・
翌日起きるのは5時ですよ?(笑)
ほんっと元気ですな~


その晩・・・2匹の怪獣が現れ
全然寝られずに翌日を迎えためろんでした。



なんとか2時間は寝られたかな^^;
というか「おやすみ」の数十秒後に怪獣出現って(笑)ハヤスギデス
[ 2009/08/11 18:54 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

【動画】全国大会1日目 『C・Dブロック』 後方よしっ! 

いよいよ・・・
二輪車安全運転全国大会の競技開始です

の、前にまずはインストラクターさんの試走がありました

DSCF9387.jpg

僕はしっかりと見ないようにしてました
試走バイクはCB750だったし、変なイメージ植えつけたくなかったので。

「観客がいっぱい見てる中、すごいところに立ってるな~

と、その時、鈴鹿の舞台に選手として立ててる事に感動してました(笑)



イントラさん試走の後は、選手の試走です。
試走と言っても課題走行はできず、とばしながら走行順路を走るだけです。

DSC00693.jpg

ハジメテのZRXの感触を味わいながら、
試走の短い時間内にどんなものなのかを確かめます・・・


選手の試走が終われば、いよいよ競技スタートです


・Cブロック   Aクラス(ZRX)スタート
 応用千鳥走行 一本橋走行

・Dブロック   Bクラス(CB750)スタート
 悪路応用走行 ブロックスネーク レムニー走行



走行順は開会式の時の厳選な抽選により
Aクラスは青森県から Bクラスは神奈川県からスタート



どんくらい待ったかな・・・。
なんか転倒した音も聞こえてくるわ赤旗バンバン上がってるわで

ドキドキワクワク

程よい緊張感を味わいながら目の前のことだけに集中~・・・


よしっ!いくぞ





はぁ~
一本橋はあかんかったけど楽しかった~
↑これが直後の感想。

千鳥がノーミスとは・・・自分でも驚き。
というか線踏んだと思ったんだけど赤旗上がらなくて「おぉ」と
最後の左回り箇所なんてバイクがカクカクしてしまい、なのに回れた事に驚き
ゴール前に一度、天を仰いでしまってます・・・(笑)

そして戻ったらみんなが僕の千鳥を大絶賛・・・

今んとこ千鳥の減点なしは東京と京都だけやで

もちろんその事にも嬉しかったけど
安協さん、監督さん、サポートしてきてくれた方々
応援に来てくださってた方々・・・

みんなが自分の事のように僕よりも喜んでくれてた事

それがなによりも嬉しかった・・・というか反応がすごすぎてビビッタくらい
みんなの支えや応援があってこその、僕が立てた舞台なんだなぁと。


「でも・・・一本橋、半分も減点されてるんですけど~


この言葉を何回使ったか(笑)
でも、ほんっと嬉しかったなぁ。。

あの時の皆の笑顔とかけてくれた言葉は一生忘れられないものに




そして、休憩を挟みDブロックへ・・・。


オネガイシマース





このブロックは自信を持って挑めたので緊張はあまりしませんでした。
かなり集中できてたと思います

でもブロックスネークはめちゃくちゃ焦ってたり

0・・・1・・・2・・・
まで秒数を数えてたんですが(指定タイム9~11秒内)
3と同時に段差でマフラー?がブロックに当たり、めろんパニック(笑)

とりあえず落ちない事に必死
それしか記憶がございません^^;
最後も少し粘ろうかという自分もいたけどかなり焦ってたし
「落ちるのだけは避けないと」と判断で通過を選択・・・

0,2秒の壁

というか、カメラマンのお連れさんも焦りすぎやって(笑)




1日目の競技、レムニーが終わり
観客席の方を向いて、誰が誰だか識別できなかったけど
応援への感謝を込め左手を上げてみた

ちなみに・・・今年の応用千鳥走行・・・
最終的にノーミスで終えたのはやはり東京と京都だけだったそうな。。

1年前京都府大会で千鳥を失敗し、その時の悔しさ
これまでの頑張りがあったからこそ、出てくれた結果かな・・・。

良くやったと、自分で自分を褒めてあげますか

・・・

しかし、その千鳥成功後、一本橋に向かう時にしでかしてしまった

エンスト(笑)
(競技終了後なので減点はない^^;)

たぶん、その後の小さな、そしてしょうもない大きなミスは
こういうとこが原因なんでしょう
でも気付いてた人は少ない?(・_|チラ

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪

[ 2009/08/07 19:52 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

鈴鹿の舞台へ・・・全国大会1日目 出発~開会式 

8月1日 第42回二輪車安全運転全国大会 当日・・・

4時過ぎ起床・・・外はまだ真っ暗

そういや金曜夜中に単身赴任中のお連れさん応援の為に帰ってきてました
準備をせっせとし、5時過ぎ・・・一足先に見送られ出発イッテキマース

同じ京都チームの御夫婦とコンビニで待ち合わせ
DSCF9360.jpg

朝焼けを見ながら「いよいよか・・・」と気持ちが高鳴りエリミでプチ練習(笑)

そうこうしてると車に乗った御夫婦がやって来て
集合場所の京都府交通安全協会に向け出発



結構遠かったけど、ギリギリ集合時間6時半に間に合う。
そしてマイクロバスで鈴鹿に向けてみんなで出発です

京都市内からの出発で、もちろん高速道路を使用で
乗ったのは出来たばかりの新名紳高速道路

っていうか土曜日のまだ朝7時過ぎやのにサービスエリア混み過ぎ
高速道路1,000円効果か・・・すごい人が多かった

土山サービスエリアで休憩・・・パンと飲み物を御馳走になる

そこからあっという間にスズカサーキットに9時前に到着です。
・・・外は天気予報通りの雨

ウェット路面確定で腹をくくる



受付は10時半・・・まだ時間があるので監督さんと京都チームで
遊園地を通過して競技会場の下見に・・・

DSCF9362.jpg

!Σ( ̄□ ̄* なんかオル

ガッツリ握手してもらいましたイッテキマース



すでに数チームが会場を下見中。。

審判員の方々がコースの製作中をしているところでした

DSCF9373.jpg

これはAクラス(ZRX)が一発目に走る応用千鳥走行セクション
鈴鹿のイントラさんが試走で試すも失敗の連続・・・でも間隔は狭いまま

昨年より狭いんちゃう
でも不安は無かった・・・
それがあの2人しか満点通過出来なかった走りに繋がる事になろうとは(笑)
明日くらいに動画で・・・


こちらは悪路応用走行セクション・・・

DSCF9364.jpg

Bクラス(CB750)が最初にスタートする競技。
今年は雨が降ってるので水が数百リットル節約できた事でしょう
(↑というのは嘘で雨でも水出てました^^;)



そして一番奥のレムニー走行セクション

DSCF9371.jpg

って・・・ZRXで失敗ばっかしてるやん・・・ワザとかな

やはり前評判どおりZRXを扱うのはなかなかに苦労しそうだ。。
でも全く動揺はせず・・・「目の前の事をやるだけ」の気持ちでした

そして・・・

DSCF9372.jpg

続々とバイクが競技会場内に運ばれて来ます。

それを横目に、僕らはその場を後にし
受付に向かいます

DSCF9374.jpg

ユニフォームに身をまとった他府県チームもいっぱいです。
「おはようございまーす

そこで・・・
DSCF9382.jpg
ゼッケンを頂く。
身が引き締まり、ほどよい緊張感が・・・

開会式前に支給されたお弁当を頂き



12時から開会式です

DSC00685.jpg

お話に始まり
昨年優勝チームの埼玉県チームの優勝旗返還、選手宣誓・・・
そして、審判・選手ミーティングを終え・・・



早速競技会場、鈴鹿サーキット交通教育センターに

DSCF9386.jpg

路面はやっぱりウェットな路面です。
なので今年はCブロックの傾斜地走行が中止になりました

その他タイム競技(コンビ・コーススラ)は指定タイム+2秒で
ブレーキング停止距離も伸びました。


そんな波乱が起こりそうな競技の詳細は次ぎの記事でタップリと


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
[ 2009/08/06 17:46 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

二日間で得た宝物 

まだ悔しいし落ち込んでます。

でももう来年の大会に向けて少しずつ時間が動いてるんですよね・・・。

悔しいし思い返せば思い返すほど
心の奥底から熱いものが込み上げてきてしまいます。

だから来年に向けて動かなきゃなりません。



8月29日・・・免許更新が可能な日・・・。

特練で京都代表に選ばれ全国大会出場が正式に決まった時は
もう免許の更新が無理でもいいやという気持ちでした。

が、今は違います。
安協さん、監督さんに来年は必ずやってやります!と約束しましたから。
約束は必ず守ります。

落ち込む時はとことん落ち込んでしまいますが
落ち込んでそのまま終わった事はありませんからね。



東の京都はあんなに毎年頑張ってる・・・
西の京都もいい加減にいいとこ見せないと。

目標は大きく。
そして安協さん、監督さん、サポートして下さった方々への
申し訳なかったという気持ちを胸にしまいこんで前向いて進みます。

明日くらいから全国大会を振り返っていこうと思います。
悔しい思いと楽しかった良い思い出を忘れない為にも・・・。



今日は
全国大会で頂けた僕の宝物になった物を紹介します

まずは・・・

DSCF9507.jpg

受付の時に頂けた、選手と関係者に配られた帽子です
部屋の目の付く場所に飾られるでしょう



そして、こんな物も頂けました

DSCF9509.jpg

全国大会に出場した認定証です
こんなの貰えるなんて知らなかったので嬉しい

で・・・

裏面なんですが・・・「2」に注目

DSCF9510.jpg

悪質な交通違反には無効ってことは
逆に言えば悪質じゃない交通違反には有効なのか

例えば・・・

・・・いや、違反は違反、すべて悪質になるんでしょう
僕の口からは言えません(笑)



そして全国大会2日間とも雨だったので・・・

DSCF9508.jpg

これは京都府交通安全協会様からの頂き物のカッパです
全国大会出場の時の宣伝って事でいくらか値引いていただいたみたいで(笑)
近々RSタイチ店に写真が貼られる事でしょう



そして2日間、競技中身に付けていた・・・

DSCF9512.jpg

ゼッケンまで頂けました
色々な思い出が沁み込んだ大切な宝物です。



そして・・・ひかるくんにひかりちゃん

DSCF9511.jpg

新潟県警察のマスコットキャラクター

1日目の夕食パーティーの時にブログ見てますと声をかけていただき
新潟選手様からプレゼントとして頂きました
(ヘルメットに貼らせて頂きます!ありがとうございました

その他にも、神奈川県の方や、長崎県、三重県、千葉県などなど
そういや夜のお風呂中に長野県の訪問もあったとか?

全国の色々な方々に声をかけていただけました



初参加で最初は右も左も分からないだろうから
どうなるのか不安でしたが(本当は不安より楽しみのほうが強かったですが^^)
全国の色々な方とお話出来たりで
普通に生活してたら絶対に経験できないとても良い経験をさせて頂けました。

泣いたり笑ったり悔しがったり嬉しがったり
競技前に選手同士で話し合ったり・・・

物もそうですが、人と人との交流もすべて含めて
2日間という長く短い時間

一生の思い出に残る2日間になりました

もちろん応援しに来てくださった全ての方々を含め
今一度改めて御礼を言いたいです。

本当にありがとうございました

[ 2009/08/04 18:38 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)

全国大会を終えた今の気持ち・・・。 

憧れてた夢の舞台・・・鈴鹿
二輪車安全運転全国大会

今は気持ちがめちゃくちゃ

楽しかったのは楽しかった。
本当に楽しくて恐らく一生忘れられない思い出になったと思う。

でも・・・

その全国大会に連れて来てくださった京都府交通安全協会の方々や
交通機動隊の監督さんの、あの最後の残念そうな顔・・・。
団体でも昨年の成績を下回り、かなり残念がられてました。

1日目にいい位置につける事が出来た僕
2日目は問題ないと思って見てた筈なのに、まさかの大失速・・・

せめて入賞であの場で「京都府代表」と呼ばれ
喜んで頂きたかったのに、それを自ら潰した2日目の姿勢

DSCF9449.jpg

2日目は完全に弱気・・・コース走行前の気持ちは最低でした。
全選手中一番弱気な姿勢だったはずです。

ウェットな路面に怖がってか試走で全然走れず・・・。
本番も遅いタイムでかなりガッカリしてたはずです。

というかその前の法規走行でもアホみたいなしょうもないミス・・・。



個人的な順位なんて今となってはどうでもいい。
でも、チャンスがあっただけに入賞を掴み取り喜んでいただきたかった。

最後の最後・・・弱い自分が出たのかな。

全国大会という緊張もそんなに感じることなく
大勢の観客の目線も全くプレッシャーにはならなかったのに・・・。



練習不足・・・自分の技術のなさ・・・メンタルの弱さ・・・



最後の最後で恩返しが出来なかった。



帰りの安協さんの溜め息がすべてを物語ってました。

来年は、必ず恩返しをします。
帰り道のバスの中で笑って喜んで帰りたいですから。

今の段階ではまだ約束出来ませんが
あと1年・・・長いでしょうけど待っててほしいです。



大会終わったら燃え尽きてると思ったけど全くの逆。
1年前の京都府大会の時と同じ気持ちです。



あ~・・・
これでまた悔しい想いを背負って来年に向け出発です。
1日も忘れる事はないんだろうなぁ・・・。
もう終わりだと思ってたのに・・・。



なんか重い感じもするでしょうけど
僕的にはこの気持ちは嬉しかったりします

今回のこの悔しい想いをバネにして成長する事が出来ますからね

来年の京都チーム・・・絶対に上位に行くぞ


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
京都チームを支えて来てくださった方々・・・本当に感謝です。

[ 2009/08/03 19:16 ] 2009年 第42回 二輪車安全運転全国大会 | TB(0) | コメント(-)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。